半田運河

愛知県半田市を流れる知多半島最大の河川、十ヶ川(じゅっかがわ)の河口部分に開削された運河が半田運河。江戸時代に半田は酒や酢の醸造で繁栄しましたが、江戸に輸出する半田湊が十ヶ川からの土砂の堆積のため、元禄年間(1688年〜1704年)に運河を開いたもの。酢や酒の搬出、原料の搬入にも利用された運河です。

黒澤明監督デビュー作『姿三四郎』のロケも!

もともと大雨が降ると天井川の阿久比川が氾濫して、半田町一帯が浸水してしまうので、川の流れを変えるために半田運河が開削されました。

「ミツカン」の祖である中埜又左衛門が江戸に粕酢を出荷し始めたのは文化7年(1810年)頃のこと。
当時、江戸で「早すし」(握り寿司)が流行しているのを見て、酒粕を原料に安価な粕酢を生み出し、当時高価だった米酢に代わる「早すし」(握り寿司)の酢として売り出すと、これが評判となり、江戸前の握り寿司が江戸庶民に定着する文化となったのです。
中埜又左衛門は、嘉永7年11月4日(1854年12月23日)に発生した安政東海大地震と、その翌年、安政2年(1855年)の大水害で荒廃した半田の復興に資金を投じて尽力し、入江を大拡張するなど半田運河の修復を手掛けています。
   
運河沿いには、弘化元年(1844年)、創業の中埜酒造の酒蔵を再生した「國盛・酒の文化館」、明治22年築の旧中埜半六邸と半六庭園、「伝統食品の近代化や新たな食文化の創造に挑んだ中部・近畿の食品製造業の歩みを物語る近代化産業遺産群」として経済産業省の近代化産業遺産にも認定のミツカン工場群、そして日本唯一の酢の博物館である「MIZKAN MUSEUM(ミツカンミュージアム)」などが並び、往時を偲ぶことができます。

昭和18年公開、黒澤明監督の監督デビュー作となる『姿三四郎』は、江戸時代の面影を残すミツカン工場群の前で撮影されています。
矢野正五郎(大河内傅次郎)が敵を川に投げ込むシーンが昭和17年12月に撮影され、運河沿いのプロムナードにはその撮影風景がパネルで紹介されています。

例年4月上旬〜5月上旬には半田運河に鯉のぼりを吊るす『半田運河の鯉のぼり』が行なわれています。

半田運河
名称 半田運河/はんだうんが
所在地 愛知県半田市
関連HP 半田市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR武豊線半田駅から徒歩7分。名鉄河和線知田半田駅から徒歩12分
ドライブで 南知多道路半田ICから約5km
駐車場 蔵のまち東駐車場(247台/無料)
問い合わせ 蔵のまち観光案内所 TEL:0569-32-3264
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
半田蔵の町並み(ミツカン工場群)

半田蔵の町並み(ミツカン工場群)

愛知県半田市、半田運河沿いに続くのが半田蔵の町並み(ミツカン工場群)。国道247号の半田大橋から南に続く川のような半田運河沿いに黒板囲いの蔵が続く、「蔵の町」と呼ばれる半田の中心地。古来から盛んだった醸造業や繊維業が今へと受け継がれています

國盛・酒の文化館(中埜酒造)

國盛・酒の文化館(中埜酒造)

愛知県半田市、黒板囲いの蔵が軒を並べる半田運河沿い源兵衛橋と新橋の間にあるのが中埜酒造(なかのしゅぞう)。弘化元年(1844年)創業で『國盛』(くにざかり)の銘柄で有名な蔵元、中埜酒造は、かつて使われていた蔵を博物館に再生、それが國盛・酒の

半六庭園

半六庭園

愛知県半田市中村町、酒や酢の醸造、江戸・東京での販売で繁栄した半田運河沿いに建つ、 明治22年築、旧中埜半六邸の庭園が半六庭園。江戸時代に海運業・醸造業で財を成した中埜半六家の庭で、半田蔵のまち散策コース途中の休憩スポットとして無

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ