山万ユーカリが丘線

山万ユーカリが丘線

千葉県佐倉市にある自動案内軌条式旅客輸送システム(AGT)路線が山万ユーカリが丘線(4.1km)。ユーカリが丘を開発する街づくり企業・山万が運営する新交通システムで、ユーカリが丘ニュータウン内の交通の利便性を高める目的で建設されたもの。

車両はコアララッピングの「こあら号」

不動産業者が電車を走らせる奇異の例で、昭和57年11月2日、ユーカリが丘〜中学校が開業。
昭和58年9月22日、中学校〜公園が開業し、ラケット状の環状運転が行なわれています(開業以来、無事故運転を継続し、「鉄道等の運転無事故事業者」として表彰されています)。
ユーカリが丘〜公園は両方向に運転される単線、公園〜女子大〜公園は反時計回りにのみ運転される環状線です。

現在、日本では唯一、案内軌条に日本車輌製造が開発した中央案内式(VONA)を採用したAGTになっています。
各編成には、ユーカリが丘にちなんで、ユーカリを主食とするコアラから「こあら号」の愛称が付けられ、「こあらファミリー」のラッピングと前面にコアラのステッカーが付けられています。

運賃は均一制で、1日乗車券を発売。

山万ユーカリが丘線
名称 山万ユーカリが丘線/やままんゆーかりがおかせん
所在地 千葉県佐倉市ユーカリが丘・井野・宮ノ台
関連HP 山万ユーカリが丘線公式ホームページ
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ