能登金剛

能登金剛

石川県羽咋郡志賀町、ヤセの断崖や巌門、鷹の巣岩、不動滝、機具岩など、外浦の厳しい荒波の浸食によってできた奇岩が続く景勝地。志賀町富来地区の海岸線一帯に、29kmに渡って続く荒々しい自然のオブジェは圧巻で、ドライブにも最適。また能登金剛遊覧船を利用すれば、海上から奇岩を望むこともできます。

巌門を中心に、能登半島を代表する景観が展開

朝鮮半島の景勝地、金剛山(クムガンサン)の海金剛(ヘクムガン)にも匹敵する景観というのが能登金剛の名の由来。

ヤセの断崖は、松本清張の名作『ゼロの焦点』(昭和34年刊)の舞台として、文学ファンも多く訪れる景勝地。
そして浸食によってぽっかりと空いた海蝕洞の巌門が能登金剛のハイライトです。
機具岩(はたごいわ)は、伊勢の二見浦・夫婦岩を思わせる岩で、能登二見とも呼ばれています(夕日観賞の名所)。

能登金剛の海岸に突き出すようにそびえ立つ高さ27mの大岩が鷹の巣岩。
岩の上に茂る松に鷹のみが巣を作るのでその名の由来で、能登金剛遊覧船に乗船すれば海上から奇岩を見上げることができます。

関野鼻は、カルスト台地の岬で、かぶと岩、義経一太刀岩、弁慶二太刀岩などがありますが、崩落の危険により、立入禁止になっています。

歌川広重が各国の景勝地を、それぞれひとつだけ選んで描いた、『六十余州名所図会』には、能登国の代表的景観として「能登 瀧之浦」が描かれています。
絵柄のなかに登場するのは、巌門、巌門のすぐそばにある不動滝、鷹の巣岩です。

能登金剛
歌川広重『六十余州名所図会 能登 瀧之浦』
能登金剛
名称 能登金剛/のとこんごう
所在地 石川県羽咋郡志賀町牛下巌門
電車・バスで JR羽咋駅から富来行き能登西部バスで40分、富来下車、能登西部バス巌門経由三明行きに乗換え10分、巌門下車、徒歩5分
ドライブで 能登有料道路西山ICから約15km
駐車場 40台/無料
問い合わせ 志賀町商工観光課 TEL:0767-32-1111/ FAX:0767-32-3978
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
巌門

巌門

能登西海岸でダイナミックな海岸線が続くのが志賀町の能登金剛(のとこんごう)。能登金剛随一の景勝地が巌門(がんもん)です。日本海にせり出た岬の断崖に波と風の浸食で幅6m、高さ15m、奥行60mの貫透洞門が生じたもの。豪快な切り立った断崖と洞門

巌門・不動滝

巌門・不動滝

石川県羽咋郡志賀町、能登半島国定公園・能登金剛のハイライト、巌門、鷹の巣岩近くに落ちる滝が不動滝。歌川広重が各国の景勝地を、それぞれひとつだけ選んで描いた、『六十余州名所図会 能登 瀧之浦』にも巌門の横にこの不動滝がデフォルメされながら描か

能登西海岸(羽咋・志賀・能登金剛)でおすすめの宿は、ここ!

全国を回る取材班がホンネで宿をすすめる企画。能登半島は、和倉温泉などが有名ですが、ファミリーやカップルなら、宿のレベルの高い西海岸(輪島よりも南側)が意外におすすめです。設備充実、料理も美味しくて、それでいて上限は1万3000円くらい。実は

ヤセの断崖

ヤセの断崖

松本清張の推理小説『ゼロの焦点』で、事件の発端とクライマックスの場となったのが石川県志賀町、能登金剛の一角にあるヤセの断崖。日本海にせり出すように切り立った絶壁は高さ55m。断崖の突端は危険なので立入禁止となっています。昭和36年、平成21

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ