木曽川

木曽川

長野県木曽郡木祖村の鉢盛山(2446m)を源流に、木曽谷を南下し、濃尾平野を流れて伊勢湾に注ぐ長大な河川が木曽川(きそがわ)。幹川流路延長は229kmで、日本第7位、流域面積9100平方キロは日本第5位の河川です。下流では長良川、揖斐川とともに木曽三川と呼ばれ、ヨハニス・デ・レーケの木曽三川分流工事で有名です。

木曽川の上流部は木曽谷で、中山道の景勝地

木曽川
木曽谷の景勝、寝覚の床

長野県木祖村、朝日村、松本市の境にそびえる鉢盛山(標高2446.6m)を源とし、南へ流れるワサビ沢(木祖村)の源頭部が木曽川の源流。
鉢盛山登山に利用される林道途中、標高1650mのワサビ沢横断地点に「母なる川ここに生まれる」と記された木曽川源流碑が立っています。

「木曽路はすべて山の中である」(島崎藤村『夜明け前』)という中山道(木曽路)の通る木曽谷を南下しますが、その途中には木曽の桟(きそのかけはし)、寝覚の床(ねざめのとこ)などの景勝地があります。

明治末から、福沢桃介が率いる名古屋電灯による電源開発でも知られ、大正8年の賤母発電所(しずもはつでんしょ/岐阜県中津川市)を皮切りに大桑発電所(近代化産業遺産/長野県大桑村)、須原発電所(近代化産業遺産/大桑村)、大井ダム・大井発電所(近代化産業遺産/中津川市・恵那市)が建設され、関西地方の電力を支えてきました。

木曽川が濃尾平野に入る部分(岐阜県美濃加茂市〜愛知県犬山市)が日本ライン。
ドイツを流れるライン峡谷に似ていることから、三河国岡崎康生町(現・愛知県岡崎市)出身で『日本風景論』で知られる志賀重昂(しがしげたか)が大正3年に命名したもの(加茂郡教育会の講師に招かれた際、「木曽川岸、犬山は全くラインの風景其儘なり」と述べています)。

木曽川
恵那峡と大井ダム

木曽川河口の輪中地帯には国営公園が点在

木曽川の河口部では、揖斐川、長良川とが渾然と流れ、しばしば洪水の被害に見舞われていました。
とくに河口部は輪中(わじゅう)と呼ばれる水郷( 三重県側の長島輪中、愛知県の立田輪中、岐阜県の高須輪中など)。
集落を水害から守るために周囲を囲んだ0メートル地帯で、水害の際の移動手段として各家には舟を備えていました。
河口から45kmの内陸にある岐阜市から伊勢湾までの間には、なんと大小45の輪中が連なっています。

慶長14年(1609年)には、親藩で徳川御三家筆頭の尾張藩を水害から守るため(洪水の被害は伊勢、美濃側へという政策)、木曽川の左岸に御囲堤(堤防)が築かれ、宝暦4年(1754年)に始まった宝暦治水では幕府の命により薩摩藩が木曽三川(木曽川・長良川・揖斐川)の分流工事(宝暦治水)に従事し、工事中に薩摩藩士51名自害、33名が病死し、工事完了後に薩摩藩総指揮の家老・平田靱負(ひらたゆきえ)も自害という宝暦治水事件が発生しています。
治水工事の現場となる岐阜県海津市海津町油島の千本松原近くには薩摩藩家老平田靱負と薩摩藩士84名を祭神とする治水神社が建立され、悲惨な歴史を今に伝えています。

明治時代にも治水事業(木曽三川分流工事)は継続され、オランダ人技師ヨハニス・デ・レーケの計画で、三重県側の植林、砂防事業なども行なわれています。
木曽三川分流工事の完成で、木曽川と長良川間の高度差を克服するため、川を繋ぐ水路にパナマ運河式閘門の船頭平閘門(せんどうひらこうもん)が築かれています(明治35年完成、国の重要文化財)。
この船頭平閘門があるのが、愛知県愛西市の立田輪中です。

下流部には、大規模な国営木曽三川公園も整備され、河川環境楽園(岐阜県各務原市)、138タワーパーク(愛知県一宮市)、木曽三川公園センター(岐阜県海津市)、船頭平河川公園(愛知県愛西市)などが整備され、観光の拠点になっています。

木曽川源流・鉢盛山|長野県木祖村

大井ダム・恵那峡|岐阜県中津川市・恵那市

船頭平閘門|愛知県愛西市

木曽川河口|三重県桑名市・木曽岬町

名称 木曽川/きそがわ
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
木曽川源流碑

木曽川源流碑

木曽川の源流は、御嶽山というイメージもありますが、実際は長野県木祖村、朝日村、松本市の境にそびえる鉢盛山(標高2446.6m)を源とし、南へ流れるワサビ沢(木祖村)の源頭部です。林道ながら鉢盛山登山に利用される車道途中、標高1650mのワサ

寝覚の床

寝覚の床

中山道・木曽路の景勝、寝覚の床(ねざめのとこ/長野県上松町)は、花崗岩の柱状節理でできた奇岩がそそり立ち、木曽川の澄んだ水が流れる国の名勝。浦島太郎が放浪の末、この岩の上で昼寝をし、玉手箱のことを思い出して目を覚ましたという伝説が名前の由来

船頭平閘門

船頭平閘門

長良川の河口から上流へと遡ること12km、愛知県愛西市にある船頭平閘門(せんどうひらこうもん)は、明治時代の木曽三川分流工事によって生じた、木曽川と長良川を結ぶ運河水面の高低差(1mほど)を克服するために設置されたパナマ運河式の閘門。国の重

木曽三川公園センター 水と緑の館・展望タワー

木曽三川公園センター 水と緑の館・展望タワー

岐阜県海津市の南端、長良川と揖斐川に挟まれた半島状の油島地区の先端に位置するのが木曽三川公園センター。木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)のガイダンス施設である水と緑の館に併設されるのが高さ65mの展望タワー。水と緑の館では、木曽三川の流路の

138タワーパーク(ツインアーチ138)

愛知県一宮市の北を流れる木曽川(南派川)の河川敷にある広大な公園が138タワーパーク。高さ138mの展望塔ツインアーチ138を中心に、芝生広場、やすらぎの池、風紋の広場、フワフワドーム、わくわくスライダー、3200株のバラが咲くローズストリ

治水神社

治水神社

江戸時代に行なわれた木曽三川(きそさんせん)の治水工事(分流工事)のうちでもっとも難工事だったのが宝暦の治水工事。工事中に薩摩藩士51名が自害(幕府への届け出は病死)、33名が病死しています。その薩摩藩士を祀り、過酷な工事の歴史を伝えるのが

千本松原

千本松原

宝暦3年(1753年)〜宝暦5年(1755年)に幕府の指揮下、薩摩藩が行なった木曽三川(きそさんせん=木曽川・長良川・揖斐川)の三川分流工事に伴い、工事後に築かれた堤に植栽されたのが1000本の松で、千本松原(油島千本松締切堤)と呼ばれ、

木曽川うかい

木曽川うかい|犬山市

毎年6月1日~10月15日(8月10日を除く)、愛知県犬山市で『木曽川うかい』が行なわれます。「木曽川うかい」は愛知県犬山市と岐阜県各務原市の境界を流れる木曽川で行なわれる鵜飼い。鵜飼いというと岐阜市の長良川が有名ですが、実は隣の木曽川でも

恵那峡

恵那峡

岐阜県中津川市と恵那市を流れる木曽川の峡谷が恵那峡。大正9年に地理学者で『日本風景論』の著者として知られる志賀重昴(しがしげたか)によって命名された恵那峡。大井ダムの上流12kmにわたる木曽側が生み出した峡谷で、両岸には獅子岩、金床岩(かな

日本の河川 長さランキング TOP10

日本の河川 長さランキング TOP10

日本の河川は、河川法で一級河川、二級河川とその水系に分類され、源流から河口・合流点まで同じ河川名が定められ、本流の源流と河口の長さが幹川流路延長となっています。つまり、公式の河川の長さとは、この幹川流路延長のこと。その長さランキング(幹川流

日本の河川 流域面積 TOP10

日本の河川 流域面積 TOP10

雨や雪が川に流れ込む範囲が流域で、その面積を流域面積(集水面積)。日本最長の川が信濃川であることは有名ですが、では流域面積はと聞かれると、答えられる人は案外少ないのが現実。実際に河川の規模は、流域面積の方が適切と考える専門家も多いのです。こ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ