本多光太郎資料館

本多光太郎資料館

愛知県岡崎市の東公園の園内にある資料館が本多光太郎資料館(ほんだこうたろうしりょうかん)。日本の物理学者、金属工学者(冶金学者)で、「鉄鋼の父」とも称される本多光太郎博士は、愛知県碧海郡矢作町(現・岡崎市)の出身で、資料館は博士が勉学に励んだ建物を移築したもの。

本多光太郎の勉強部屋を移築、保存

本多光太郎資料館
「つとめてやむな」記念碑

KS磁石鋼や更に強力な新KS鋼を発明し、日本初のノーベル賞候補にもなった本多光太郎。
資料館は、昭和44年、岡崎市新堀町の生家から寄贈を受け、東公園へ移築した勉強部屋とされる木造一部2階建ての建物。

母校の子どもたちに贈った「つとめてやむな」は、恩師・長岡幸太郎の「秀才であることより、努力家であることが大切だ」との教えを実践した本多光太郎らしい言葉です。
本多光太郎は、桑子尋常小学校の卒業で、現在、「つとめてやむな」はその後継である矢作南小学校の校訓に。

資料館内には勉強をしていた部屋がそのままに残され、博士の研究資料、発明に影響を受けた機械などが展示されています。

岡崎市新堀町には本多光太郎生誕地碑が立っているほか、東公園には「つとめてやむな」記念碑があります(記念碑は昭和45年2月建立、文字は本多光太郎博士直筆)。

本多光太郎資料館
名称 本多光太郎資料館/ほんだこうたろうしりょうかん
所在地 愛知県岡崎市欠町大山田1
関連HP 岡崎市観光協会公式ホームページ
電車・バスで 名鉄東岡崎駅から市民病院行きバスで20分、東公園口下車、徒歩5分
ドライブで 東名高速道路岡崎ICから約2km
駐車場 東公園北駐車場・南駐車場、東駐車場(419台/無料)
問い合わせ 東公園管理事務所 TEL:0564-24-0050
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
東公園

東公園

愛知県岡崎市の東公園(ひがしこうえん)は26.9ha(ナゴヤドーム5個分)という広大な敷地を誇る都市公園。昭和3年開園という歴史ある公園で、園内に2900平方メートルの花菖蒲園が整備されています。岡崎市東公園動物園、恐竜モニュメントなどもあ

岡崎市東公園動物園

岡崎市東公園動物園

愛知県岡崎市にある昭和3年開園という歴史ある都市公園、東公園内にある動物園が岡崎市東公園動物園。昭和58年5月1日にオープンした動物園で、開園当時から入園無料。世界家畜動物園構想で誕生した動物園で、アジアゾウの「ふじ子」、ニホンザル、ニホン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ