志賀重昂墓所

志賀重昂墓所

愛知県岡崎市の東公園(ひがしこうえん)にあるのが志賀重昮墓所(しがしげたかぼしょ)。志賀重昮は、文久3年11月15日(1863年12月25日)、三河国岡崎康生町(現・岡崎市康生町)に生誕。札幌農学校などに学び、世界的な地理学者となって、『日本風景論』などを著しています。

世尊寺の境内地だった墓所が現存

志賀重昂墓所
志賀重昂像

東海地区では、日本ライン(大正2年)、恵那峡(大正12年)などを命名した志賀重昂。
墓所は、遺言により東京府北澤村(東京都杉並区下高井戸)の宗源寺に埋葬され(宗源寺開基碑を記しています)、昭和5年、岡崎市の世尊寺(志賀重昂の発願で建立)にも分骨されています。

東公園内には昭和50年建立の志賀重昂像、志賀重昂墓所がありますが、墓所はもともと世尊寺の境内地だったもの。
また、東公園にある「三河男児歌碑」は、昭和35年、岡崎市が建立したもの。
薩長藩閥政府に牛耳られている明治の世相を慨嘆し、三河人の士気を鼓舞した歌です。

志賀重昂は、国粋主義を標榜する機関誌『日本人』を創刊するなど、明治政府が推進する欧化主義に反発。
「西欧文明は、咀嚼し消化してから取り入れるべきだ」と主張し、ナショナリズムの昂揚期に国粋保存主義の論陣を張り、日清戦争勃発の年に『日本風景論』を出版しています。

志賀重昂墓所
『三河男児』歌碑
志賀重昂墓所
名称 志賀重昮墓所/しがしげたかぼしょ
所在地 愛知県岡崎市欠町大山田1
関連HP 岡崎市観光協会公式ホームページ
電車・バスで 名鉄東岡崎駅から市民病院行きバスで20分、東公園口下車、徒歩5分
ドライブで 東名高速道路岡崎ICから約2km
駐車場 北駐車場・南駐車場、東駐車場(419台/無料)
問い合わせ 東公園管理事務所 TEL:0564-24-0050
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
東公園

東公園

愛知県岡崎市の東公園(ひがしこうえん)は26.9ha(ナゴヤドーム5個分)という広大な敷地を誇る都市公園。昭和3年開園という歴史ある公園で、園内に2900平方メートルの花菖蒲園が整備されています。岡崎市東公園動物園、恐竜モニュメントなどもあ

岡崎市東公園動物園

岡崎市東公園動物園

愛知県岡崎市にある昭和3年開園という歴史ある都市公園、東公園内にある動物園が岡崎市東公園動物園。昭和58年5月1日にオープンした動物園で、開園当時から入園無料。世界家畜動物園構想で誕生した動物園で、アジアゾウの「ふじ子」、ニホンザル、ニホン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ