黒岳原生林

黒岳原生林

大分県由布市庄内町、環境省の名水百選に選定される男池湧水群(おいけゆうすいぐん)の周辺に広がるのが黒岳原生林。黒岳(高塚山1587m)の北麓に広がる原生林で、駐車場側の男池・黒岳登山口から男池を経て名水の滝まで、川沿いに男池名水の滝遊歩道が続き、原始の森を探勝することができます。

岩をつかんだオヒョウの木は、被写体に絶好!

黒岳原生林
岩を抱くケヤキの大木
黒岳原生林
岩をつかんだオヒョウの木

男池名水の滝遊歩道途中には、男池近くに樹齢450年という岩を抱くケヤキの大木、岩をつかんだオヒョウの木などもあります。
オヒョウは、ニレ科ニレ属の落葉性の高木で北海道に多い木で、アイヌは木の繊維を編んで、アットゥㇱと呼ばれる布をつくっています。

黒岳は、山麓にクヌギ、コナラの雑木林、山腹から山頂にブナ、シラキの森が展開、岩場にナナカマド、谷間にオヒョウ林が発達しています。
オヒョウは、黒岳を代表する木といわれるのは、「水が森を育てる」シンボルだから。
享和3年(1803年)編纂の『豊後国志』には「神山」で登ることは困難と記され、猟師も迷ったと伝えられるほど、豊かな森に包まれた神秘的な山であることがわかります。
黒岳原生林と男池は「おおいた遺産」(大分合同新聞社)にも選定。

男池名水の滝遊歩道は、入口の男池・黒岳登山口から名水の滝を往復して30分ほどで、気軽に原生林の探勝を楽しむことができます。

男池の駐車場から車で20分ほどで、珍しい天然炭酸水の鉱泉である白水鉱泉もあり、飲泉もできるので、時間があれば寄り道を。

黒岳原生林
名水の滝
黒岳原生林
名称 黒岳原生林/くろだけげんせいりん
関連HP 由布市公式ホームページ
ドライブで 大分自動車道九重ICから約23.8km
駐車場 黒岳男池駐車場(200台/無料)
問い合わせ 由布市庄内地域振興課 TEL:097-582-1113
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
白水鉱泉

白水鉱泉

大分県由布市庄内町、「ぐるっとくじゅう周遊道路」(全長70km)を形成する大分県道621号(田野庄内線)沿い、くじゅう連山の東端にある黒岳北麓に湧く天然炭酸水の水源が、白水鉱泉(しらみずこうせん)。広大な敷地内に4ヶ所の飲泉所(水汲みスポッ

男池湧水群

男池湧水群

大分県由布市、黒岳(1390m)北麓、標高860m地点に湧くのが男池湧水群(おいけゆうすいぐん)。湧水量は1日2万トンと豊富で、水温も年間通じて平均12.6度と一定。阿蘇野川の源流ともなる湧水は、黒岳の伏流水が湧出するもので、カルシウム、ミ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ