立石寺・三重小塔

立石寺・三重小塔

山寺と通称される立石寺(りっしゃくじ)の三重小塔は、山上の奥の院下、華蔵院(けぞういん)脇にある岩窟の鞘堂に納められています。十穀静允(じっこくじょういん)作と伝えられ、静雲が寄進したもの。建立は永正16年(1519年)と記されています。この塔は相輪頂までの高さが2.4mほどで、日本一小さいもので、国の重要文化財に指定されています。

室町時代の塔は国の重要文化財

室町時代末期の杮葺き(こけらぶき)の塔は、巨岩の洞穴のなかに安置されています。
外見ではよくわかりませんが、内部は省略した重箱構造で、装飾性の強い工芸品的小塔。

立石寺・三重小塔 DATA

名称 立石寺・三重小塔/りっしゃくじ・さんじゅうしょうとう.
所在地 山形県山形市山寺4456-1
関連HP 立石寺公式ホームページ
電車・バスで JR山寺駅から徒歩5分で山門
ドライブで 山形自動車道山形北ICから約10.6km
駐車場 150台/有料
問い合わせ 立石寺山門寺務所 TEL:023-695-2843
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

山形・山寺に泊まるなら、取材班おすすめの宿は!?

2018.07.30

立石寺・根本中堂

2018.06.22

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ