山形・山寺に泊まるなら、取材班おすすめの宿は!?

山形県の県都・山形。周辺には蔵王温泉、上山温泉、赤湯温泉、天童温泉と名だたる温泉地が並んでいるため、シティホテルのレベルが高いのが特徴。山寺などの観光基地としても活用できます。ファミリーをも念頭に入れ、取材班がおすすめの5軒を紹介しましょう。エコノミーな公共の宿もあるので、お見逃しなく!

レベルの高い山形のホテルを、ホンネで5つチョイス

山寺(立石寺)が旅の目的の際も、山形市街、天童温泉と等距離なので、そのどちらかの宿を選ぶのがセオリーです。
山形駅の北西(西口利用)に霞城公園(山形城跡)がありますが、繁華街は羽州街道の通る東口側。
山形駅前がかつての山形城三の丸です。
地元スーパーは、「ヤマザワ」が山交ビル(山形市香澄町3-2-1)に入っているので、さくらんぼなど山形産の旬のフルーツなどはここで購入を。

ご注意/「一番大切な人と泊まる、大切な人に紹介する」気持ちで選択していますが、宿は好みやトップシーズンとオフシーズンの対応の違いなどもあります。
その点を考慮されてからご利用ください。

山形ホテルキャッスル

県庁所在地には必ず、県都を代表する老舗ホテルがあります。
山形では山形ホテルキャッスル。
客室はすべて洋室でシングル、ダブル、ツイン、スイートと合計9タイプ。
レストランはカフェダイニング「PATIO」(1階)、中国料理「櫻果林」(12階)、そして和食の「和乃匠」(12階)とすべて直営で、洋食の味にも定評があります。

山形ホテルキャッスル
山形ホテルキャッスル
山形ホテルキャッスル

リッチモンドホテル山形駅前

山形駅西口から徒歩2〜3分という駅前にある「リッチモンドホテル」のチェーンホテル。
2階のラウンジにあるドリンクバーが自由に使える、全客室に加湿機能付きの空気清浄機を備える、アメニティの充実など、使い勝手の良さとコスパで人気があります。
山形の郷土料理「芋煮」、「玉こんにゃく」から朝カレーまで揃えた朝食ブッフェも好評。
客室はシングル、ダブル、ツインの5タイプ。
47型大型液晶TVとマッサージチェアを設置したツインは、小学生以下の添寝2名まで無料でファミリーにピッタリ!

リッチモンドホテル山形駅前
リッチモンドホテル山形駅前
リッチモンドホテル山形駅前

ホテルメトロポリタン山形

JR山形駅に直結するJRグループ運営のホテル。
朝食は最上亭でのこだわりの和定食、洋食から選択できます。
ツインも広々とした設計でエキストラベッドを入れて3名〜4名まで利用できるので、ファミリー利用にも対応。
ベビーベッドレンタルもあります。

ホテルメトロポリタン山形
ホテルメトロポリタン山形
ホテルメトロポリタン山形

悠湯の郷ゆさ

山形市街の南、黒沢温泉にある温泉ホテル。
建物はかつての厚生年金ハートピア山形を再生しているので、なかなが豪華で、リニューアルが進んでいます。
しかも上山温泉の有名な「日本の宿 古窯」のグループなので古窯ファンなら見逃せません!
自家源泉の温泉(ナトリウム-硫酸塩温泉/毎分85リットル)は、大浴場と、蔵王を眺める半露天風呂で楽しむことができます(朝風呂もあります)。
部屋は蔵王連峰を眺望する和室のほか、洋室(ツイン)、和洋室があり、食事はダイニングレストランを利用します。
朝食付きプランでエコノミーに済ませることも可能です。

悠湯の郷ゆさ
悠湯の郷ゆさ
悠湯の郷ゆさ

山形県職員会館 あこや会館

その名の通り、公共の宿ですが、一般の利用も可能。
仙台駅前からなら山形行き高速バスで県庁前下車。
市街地の外れ、山形県庁近くに建つので山形蔵王ICからのアクセスはバッチリ。
全室WI-FI、空気清浄機、浴衣などの基本は揃っているので、シンプルステイなら、エコノミーな公共の宿が狙い目です。
和室10畳の部屋(広縁+床の間で広々)なら家族対応も可能です。
ツインもゆったり設計。
1泊2食付でも格安!

山形県職員会館 あこや会館
山形県職員会館 あこや会館
山形県職員会館 あこや会館
旧済生館本館

旧済生館本館

2018年7月30日
山形県立博物館教育資料館

山形県立博物館教育資料館

2018年7月30日
山形県郷土館文翔館

山形県郷土館文翔館

2018年7月30日
霞城公園(山形城)・東大手門

霞城公園(山形城)・東大手門

2018年7月30日
立石寺・根本中堂

立石寺・根本中堂

2018年6月22日

霞城公園(山形城跡)

2017年4月12日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ