山形県郷土館文翔館

山形県郷土館文翔館

山形県山形市にある山形県郷土館文翔館は、大正5年に建てられた旧山形県庁舎と旧県議会議事堂。大正5年築のイギリス・ルネサンス様式を基調としたレンガ造り石張りの旧山形県庁舎とレンガ造りの旧議事堂は、ともに国の重要文化財、近代化産業遺産。外観だけでなく内部の造りも実に見事で、とくに旧山形県庁舎天井の漆喰芸術は一見の価値があります。

大正時代の重厚な洋館は国の重要文化財

山形県郷土館文翔館
桜咲く旧山形県庁舎のライトアップ
山形県郷土館文翔館
札幌の時計台に続く歴史を誇る旧山形県庁舎時計塔

旧山形県庁舎と旧県議会議事堂は、県庁の移転後しばらくは廃屋同様の状況でしたが、昭和59年に重要文化財に指定されたことを契機に、10年の歳月と45億円の費用を掛けて平成7年に創建当時に復元されています。
旧県庁舎の塔時計は、日本で現在稼動している内では、札幌の時計台に次いで2番目に古いものです。

館内は無料で公開され、旧山形県庁舎3階の知事室、貴賓室などは、家具やじゅうたんに至るまで当時の状態に復元されており、時代の雰囲気を味わうことができます。
旧山形県庁舎の2階は展示コーナーで、「最上川は語る」(旧土木課製図室)、「山形の文学」(旧会計課)、昭和初期の銀行出納係の様子を復元したコーナー(旧会計課)などがあります。

蒲鉾状の天井に16本の列柱をもつ旧県議会議事堂の議会室は、コンサート・結婚式用の貸しホールとして使われており、結婚式の穴場的な存在。

旧山形県庁舎2階にはカフェ・ド・シベール(CYBELE)も営業し、レトロな雰囲気の中で喫茶を楽しむことができます。

「東北地方の産業振興の基礎を築いた水資源・交通・都市基盤整備の歩みを物語る近代化産業遺産群」の「山形県の擬洋風建築等」として経済産業省の近代化産業遺産にも認定。
「山形県の擬洋風建築等」には、文翔館(山形県旧県庁舎・県会議事堂/現・山形県郷土館文翔館)のほか、旧西田川郡役所(致道博物館)、旧鶴岡警察署庁舎(致道博物館)、旧済生館本館(現・山形市立郷土館)、山形市立第一小学校校舎(現・山形まなび館)、旧西村山郡役所・郡会議事堂(寒河江市郷土館)、旧米沢高等工業学校本館、旧東村山郡役所(天童織田の里歴史館)、山居倉庫が認定されています。

山形県郷土館文翔館
レンガ造りの旧県議会議事堂
山形県郷土館文翔館
旧県議会議事堂の蒲鉾天井の議会室
映画『るろうに剣心』ロケ地
『るろうに剣心 ~京都大火編~』(平成26年8月1日公開)では内務省の建物として旧県知事室、そして中庭がロケ地に、『るろうに剣心 ~伝説の最期編~』(平成26年9月13日公開)でも旧県知事室が内務省として登場しています。
緋村剣心(佐藤健)と大久保利通(宮沢和史)の面会シーンを格調高く仕上げるのに旧知事室が役立っています。
山形県郷土館文翔館
旧山形県庁舎3階にある旧県知事室

山形県郷土館文翔館 DATA

名称 山形県郷土館文翔館/やまがたけんきょうどかんぶんしょうかん
所在地 山形県山形市旅篭町3-4-51
関連HP 山形県郷土館文翔館公式ホームページ
電車・バスで JR山形駅から徒歩20分。または、JR山形駅から山形交通バス天童・寒河江方面行きで10分、山形市役所前下車、すぐ
ドライブで 山形自動車道山形蔵王ICから約4km
駐車場 30台/無料
問い合わせ 山形県郷土館文翔館 TEL:023-635-5500/FAX:023-635-5501
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
旧米沢高等工業学校本館

旧米沢高等工業学校本館

2022年3月3日
旧西村山郡役所・郡会議事堂

旧西村山郡役所・郡会議事堂

2022年3月3日
山形市立第一小学校校舎(山形まなび館)

山形市立第一小学校校舎(山形まなび館)

2022年3月3日
旧東村山郡役所(天童織田の里歴史館)

旧東村山郡役所(天童織田の里歴史館)

2022年3月3日
旧西田川郡役所(致道博物館)

旧西田川郡役所(致道博物館)

2019年11月16日
旧鶴岡警察署庁舎(致道博物館)

旧鶴岡警察署庁舎(致道博物館)

2019年11月15日

山形・山寺に泊まるなら、取材班おすすめの宿は!?

2018年7月30日
旧済生館本館

旧済生館本館

2018年7月30日
山形県立博物館教育資料館

山形県立博物館教育資料館

2018年7月30日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ