高崎山自然動物園

高崎山自然動物園

大分県大分市の高崎山にある大分市立の自然公園が、高崎山自然動物園。野生のニホンザルが群生する地として、日本でもっとも有名な標高628mの高崎山。そこに見学しやすいよう観察ルートを設けたのが、自然動物園です。現在は約1000頭の野生サルが2つの群れに分かれ、寄せ場(給餌場)にやってきます。

野生のニホンザルが棲む瀬戸内海国立公園の特別保護区

国道10号沿いの駐車場近くの入園券売り場が、モノレール(スロープカー)乗り場で、「さるっこレール」が山上とを結んでいます。
徒歩で坂道を上ることもでき、上った先にあるのが、お目当ての寄せ場(給餌場)。

見どころは、それぞれのボスに統率された群れが、寄せ場(餌場)を交替するシーン。
寄せ場では親子のサルが毛づくろいをしたり、若い雄ザルが群れの周囲を見張ったりする様子を観察できます。

レストランやショップがある「おさる館」もあり、見物前に立ち寄り、サルについての知識を得ることもできる。
自然豊かな園内は、ムクノキ、クスノキなどの自然林が残り、瀬戸内海国立公園特別保護区に指定、自然散策にも絶好。
ニホンザルは国の天然記念物にも指定されています。

昭和27年に始まったニホンザルの餌付け

高崎山自然動物園

元禄11年(1698年)に戸倉貞則(とくらさだのり)が編纂した豊後の地誌、歴史書『豊府紀聞』(ほうふきぶん=『豊府聞書』の異本)に「此山多自古猿、国俗見人子少器量者、称高崎之息、以其形類猿」と、此山多自古猿(この山には昔から猿が多い)と記された、高崎山。
昭和27年11月26日、農業被害の防止と観光誘客を目的に、大分市長・上田保(うえだたもつ)が、万寿寺別院・大西真応とともに始めたのが餌付け。
昭和28年3月15日に開園すると、「高崎山のサル生息地」が国の天然記念物に指定され、定期観光バスが寄るような観光地になったのです。

高崎山自然動物園
名称 高崎山自然動物園/たかさきやましぜんどうぶつえん
所在地 大分県大分市神崎ウト3098-1
関連HP 高崎山自然動物園公式ホームページ
電車・バスで JR大分駅から大分交通バス別府行きで15分、高崎山自然動物園前下車すぐ
ドライブで 東九州自動車道別府ICから約10km、または、大分ICから約9km
駐車場 700台/有料
問い合わせ 高崎山自然動物園 TEL:097-532-5010/FAX:097-536-2500
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

大分県大分市神崎、国道10号沿い、高崎山自然動物園の麓の海岸線に位置する水族館が、大分マリーンパレス水族館「うみたまご」。「動物となかよくなる」がテーマで、眼前の豊後水道に生息する魚介類はもちろん、セイウチやイルカなどの海洋生物に会うことも

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ