宮山橋(恋のつり橋)

宮山橋(恋のつり橋)

岐阜県揖斐郡揖斐川町を流れる揖斐川に架かる吊り橋が、宮山橋(恋のつり橋)。ゆらゆら揺れる木製の吊り橋で、橋の完成後、両岸の地域の男女が結ばれることが増えたため、「恋のつり橋」と呼ばれるように。現在では橋を渡った先に「恋の鐘」、「結ばれ地蔵」が設置されています。

夫婦滝とともに恋愛成就のパワースポットに

宮山橋(恋のつり橋)

乙原農林水産物販売所(おっかさんの店)で絵馬を購入し、橋を渡って対岸の「恋の鐘」を鳴らし、絵馬を奉納して願掛けすれば、意中の人と結ばれるという仕掛け。

宮山橋は、昭和30年3月1日に架橋された全長83.70m、幅員2.0mの橋。
東津汲と西津汲を結ぶ人道橋は、橋の上で人がすれ違い、会話が生まれ、恋に発展したことも・・・。
東西を結ぶ橋の完成で人々の交流が増えたことで、結婚の増加に結びつき、いつのまにか「恋のつり橋」ということに。
戦後復興期の山間の集落では、生活用吊り橋の完成で(地元の人々が資金を出し合い、生活用の吊り橋が数多く架橋された時代=昭和29年完成の十津川村の大吊橋はその代表格です)、そうした出来事が多かったのかもしれません。
ゆらゆらと揺れ、川面から10mほどの高さがあるので、スリルも満点です。

少し上流には久瀬ダムがあり、久瀬ダム近くで国道303号を離れ、「西美濃もみじ街道」と呼ばれる岐阜県道40号(山東本巣線)に入れば、夫婦滝が落ち、宮山橋(恋のつり橋)とともに恋愛成就のパワースポットとしてPRされています。

宮山橋(恋のつり橋)
名称 宮山橋(恋のつり橋)/みややまばし(こいのつりはし)
所在地 岐阜県揖斐郡揖斐川町東津汲
関連HP 揖斐川町公式ホームページ
電車・バスで 養老鉄道揖斐駅から揖斐川町はなももバス、または、ふれあいバスで東津汲(ひがしつくみ)下車、徒歩1分
ドライブで 東海環状自動車道大野神戸ICから約20km
駐車場 5台/無料
問い合わせ 揖斐川町観光文化戦略課 TEL:0585-22-2111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
夫婦滝

夫婦滝

岐阜県揖斐郡揖斐川町西津汲、揖斐川をせき止める久瀬ダム直下で揖斐川を離れ、西に向かう「西美濃もみじ街道」・岐阜県道40号(山東本巣線)沿いに落ちる滝が夫婦滝。揖斐川に架かる宮山橋(恋のつり橋)とセットで、恋愛成就のパワースポットとしてPRさ

久瀬ダム

久瀬ダム

岐阜県揖斐郡揖斐川町東津汲、揖斐川に建設されたダムのひとつで、上流側の横山ダム、徳山ダム、下流の西平ダムとともに濃尾平野の日本最大の海抜ゼロメートル地帯の洪水防止、発電を担った中部電力のダムが、久瀬ダム。揖斐川に築かれた赤いゲートの美しいダ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ