上ゲ駅

上ゲ駅

愛知県知多郡武豊町にある名鉄河和線(めいてつこうわせん)の駅が、上ゲ駅(あげえき)。昭和7年7月1日、河和線の前身、知多鉄道・上ゲ駅として開業した駅で、名鉄屈指の難読駅名で珍駅名。駅名は駅南東側、武雄神社一帯の字名である上ゲ(あげ)に由来。

駅の南東が上ゲ、駅の北東はヱケ屋敷

もともと明治24年、町村制の施行で誕生した武豊町は、長尾村氏神・武雄神社と大足村氏神・豊石神社の頭文字合成。
大字はなく、小字の集合体だった地で、上ゲ近くにはヱケ屋敷(えげやしき)という風変わりな字名も残されています。
ヱケ屋敷は、武雄神社の神官の屋敷があった地で、上ゲも武雄神社を敬う意味の上ゲ、もしくは長尾城(武豊町金下、武豊町立武豊小学校の東南)の本丸を見上げる地に由来する地名です。
武雄神社は、もともと長尾城主・岩田氏の館跡だった地です。

上ゲ駅
名称 上ゲ駅/あげえき
所在地 愛知県知多郡武豊町下門23-5
関連HP 名鉄公式ホームページ
問い合わせ 太田川駅 TEL:0562-32-0236
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ