梨木の氷柱

梨木の氷柱

群馬県桐生市、梨木温泉「梨木館」近くの林道脇に厳冬期に出現するのが、梨木の氷柱(なしぎのつらら)。道路凍結や積雪がある場合もあるので、当然、冬タイヤが必須ですが、関東地方では数少ない氷柱スポットとして近年注目を集めています。県道から林道を100mほど入った場所で、アプローチも比較的に簡単です。

梨木温泉「梨木館」前に出現する見事な氷柱

例年、氷柱が見頃となるのは、1月下旬頃。
山腹に見事に成長したツララが並び、壮観です。

桐生カントリークラブへと続く群馬県道335号(梨木上神梅停車場線)から深沢川沿いの林道を100mほどいったところ、梨木温泉「梨木館」のちょうど対岸に発達するのが梨木の氷柱です。
県道から100mほどなので、探勝にも便利。
カーナビなどは、梨木館を目的地設定するのが便利です。

地表からの湧水が凍ったもの。
梨木の氷柱のある黒保根地区(旧黒保根村)は面積の89%を森林が占め、平成8年に「水源村」を宣言しています(平成17年に桐生市に合併)。

梨木の氷柱
名称 梨木の氷柱/なしぎのつらら
所在地 群馬県桐生市黒保根町宿廻
関連HP 桐生市公式ホームページ
ドライブで 北関東自動車道太田藪塚ICから約21km
駐車場 10台/無料
問い合わせ 桐生市観光交流課 TEL:0277-46-1111/FAX:0277-43-1001
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ