アートアクアリウム美術館GINZA『夏のアートアクアリウム~金魚で夏を感じる、涼~』|2022

東京都中央区銀座4丁目、銀座三越新館8階にあるアートアクアリウム美術館GINZAで、2022年7月20(水)~9月20日(火)、期間限定の特別イベント『夏のアートアクアリウム~金魚で夏を感じる、涼~』を開催。アートアクアリウムならではの日本の夏の風情を体感することができます。

金魚が芸術に昇華し、日本の夏の風情を体感

2022年5月にオープンした「アートアクアリウム美術館GINZA」は、アート、デザイン、エンターテインメントとアクアリウムを融合させ、「百華繚乱~進化するアート~」をテーマに掲げる美術館。
館内には色とりどりの金魚の舞とともに日本の伝統美が光る華やかな幻想世界が広がる施設です。

『夏のアートアクアリウム~金魚で夏を感じる、涼~』では、日本の昔ながらの照明である「祭り灯籠」をモチーフにした作品「提灯リウム」展示エリアを、風鈴でデコレーション。
華道家・假屋崎省吾(かりやざきしょうご)とのコラボレーション作品「フラワーリウム」を、夏を代表するビタミンカラーの元気な花「ひまわり」で彩っています。

あわせて歌川国芳の浮世絵に描かれた吊り行燈をモチーフにした巨大吊り行燈が設置された「金魚の回廊」、青紅葉が滝の上部に茂り、上流の清流を演出する「金魚の滝」という新たな演出もスタート。
加えて「金魚の飾り棚」、金魚と鯉が描かれている「歌川国芳コレクション」も展示に加わり、パワーアップしています。

入場方法は銀座三越新館9階・銀座テラスからで、新館エスカレーターまたは、本・新館のエレベーターで9階へ(本館エスカレーターでは直接9階まで上がることができません)。

7月19日(火)に行なわれた開催記念イベントには、アン ミカさん、中町綾さん、中町JPさんがゲストで呼ばれ、感想を残しています。

アートアクアリウム美術館GINZA『夏のアートアクアリウム~金魚で夏を感じる、涼~』
華道家・假屋崎省吾とのコラボレーション作品「フラワーリウム」
アートアクアリウム美術館GINZA『夏のアートアクアリウム~金魚で夏を感じる、涼~』
新作「金魚の飾り棚」
歌川国芳コレクション
歌川国芳コレクション

アンミカさんのお気に入り作品『金魚の竹林』

館内は魅力にあふれていて、唯一無二の場所だと思います。
日本の伝統美というものを金魚を通じて体感することができ、海外の観光客にもおすすめできる場所です。
とくに金魚の竹林は、静寂を感じる色の変化が楽しく、幻想的な世界観の作品で、写真撮影用の照明が設置されているため、とてもきれいに写真がとれる最高のフォトスポットだと思いました。
また、假屋崎省吾さんとのコラボレーション作品「フラワーリウム」は、お花がひまわりになっていて、夏らしい涼を感じることができました。

アートアクアリウム美術館GINZA『夏のアートアクアリウム~金魚で夏を感じる、涼~』

中町綾さんのお気に入り作品『提灯リウム』

風鈴がいっぱいあって可愛い!
両サイドに提灯をモチーフにした水槽の中を金魚が泳ぐ「提灯リウム」が並んでいて、インスタ映えにもなり、とてもきれいで浴衣にもあった作品だと思いました。
ここで写真を撮るととても可愛いなと思います。
竹も横にあって、素敵な空間が広がっています。

アートアクアリウム美術館GINZA『夏のアートアクアリウム~金魚で夏を感じる、涼~』

中町JPさんのお気に入り作品『新金魚品評』

この作品は間近に上から金魚を見ることができ、とてもおすすめです。
近づくと金魚が寄ってくる様子が、より身近に金魚を見ることができ、他の水槽とは違う見方ができるので、いいなと思いました。
水槽はいつも横からみてましたが始めて上から鑑賞することで新たな楽しみ方ができました。
影もとても素敵で、蝶々にみえるような影も見ることができ、初めての発見でした。

アートアクアリウム美術館GINZA『夏のアートアクアリウム~金魚で夏を感じる、涼~』
アートアクアリウム美術館GINZA『夏のアートアクアリウム~金魚で夏を感じる、涼~』|2022
開催日時 2022年7月20(水)~9月20日(火)
所在地 東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 新館8階(入場は9階から)
場所 アートアクアリウム美術館GINZA
関連HP アートアクアリウム美術館GINZA公式ホームページ
電車・バスで 東京メトロ銀座駅すぐ
駐車場 銀座三越駐車場(有料/割引サービスあり)を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ