大白倉のバイトウ|十日町市|2020

大白倉のバイトウ

2020年1月12日(日)、新潟県十日町市で『大白倉のバイトウ』が行なわれます。十日町市大白倉集落に伝わる小正月(1月14日)の伝統行事。渋海トンネル近くの雪原にケヤキやワラで「バイトウ」(ほんやらどう)と呼ばれる家を作り、最後は、その家に火をつけて、立ち上がる炎でその年の無病息災・五穀豊穣を願い占います。

最後に「バイトウ」に火をつける

「バイトウ」は、直径8m、高さ10mの家。
燃やす前にその中で集落中の人々が集い、酒を飲んで語らう小正月行事です。
最後に火を付けますが、30m以上の火柱が上がる光景は圧巻。
炎が勢いよくまっすぐ上がれば豊作なんだとか。

例年組み立て9:00~15:00、見学可能は17:00頃~、語らい18:00~、点火は20:30頃から(前後する場合があります)。
終了は21:15頃の予定。

大白倉のバイトウ|十日町市
開催日時 2020年1月12日(日)
所在地 新潟県十日町市大白倉
場所 大白倉
関連HP 十日町観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR・ほくほく線十日町駅からタクシーで50分
ドライブで 関越自動車道越後川口ICから約16km
問い合わせ 十日町市観光協会 TEL:025-757-3345
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
ちんころ市(節季市)

チンコロ市(節季市)|十日町市

毎年1月10日、1月15日、1月20日、1月25日、新潟県十日町市諏訪町で節季市『チンコロ市』(節季市)が開かれます。十日町駅前の諏訪町通りに50軒ほどの露店が並び、竹細工、わら細工といった民芸品の他に、「チンコロ」と呼ばれる愛らしい子犬や

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ