千葉県長南町の長福寿寺で関東随一『第32回紅花フェスティバル』

千葉県長南町の長福寿寺は、延暦17年(798年)桓武天皇の勅願により伝教大師(でんぎょうだいし)が創建した古刹。
そんな古刹に関東随一といわれる「房総紅花」7万本が、今年も見事に咲き誇ります。

東国一の天台宗の名刹に紅花が咲き誇る

chofukujyuzi03

長福寿寺の正式な寺号は、
「三途(さんず)河頭(がとう) 極楽(ごくらく)東門(とうもん) 蓮華(れんげ)台上(だいじょう) 阿弥陀坊(あみだぼう) 大平埜山(たいへいやさん) 本実(ほんじつ)成院(じょういん) 長福寿寺(ちょうふくじゅじ)」。
もちろん、これは、日本一長い寺号で、ご住職が覚えきれるのか心配するほどの長さ(しっかりと覚えておられました)。

また、関東における学問所として房総内外の僧呂の教育を行ない中世においては、西に比叡山(ひえいざん)、東に三途台(さんずだい)ありと称せられた天台宗の名刹です。
「日本に三ヶ所の竪義有り。叡山(=比叡山)の竪義(=僧侶の学問所)は三塔、海道(=東海道)の竪義は柏原(柏原成菩提院)、坂東の竪義は長福寿寺なり。」(『檀那門跡相承資並恵心流相承次第』)
織田信長の比叡山焼き討ち後、比叡山の再興は、長福寿寺から送られた支援の木材が重要な役割を果たしました。

chofukujyuzi02
山門には史蹟「三途台」の碑が


山形の紅花もルーツは房総!?

往時には末寺308ヶ寺を有したという名刹・長福寿寺で、「千年にもおよぶ歴史ロマンの花」といわれる紅花が満開となります。

期間中は、紅花の切花をはじめ、ここでしか食べることができない紅花アイス・紅花クッキー・紅花そば・紅花紅茶などを販売。

ちなみに、なぜ、房総で紅花かといえば、
「菅原道真の子・滋殖が現在の長南町三途台(当時は河原郷三途台)に移り住み長南次郎と名のりました。その時持参し、後に房総の特産品となったのが紅花なのです」(長福寿寺)とのこと。

山形の紅花も実はこの房総がルーツだったのだとか。

chofukujyuzi01

紅花フェスティバル DATA

開催日 2016年6月10日(金)〜6月21日(火)
時間 9:00〜16:30
料金 無料
所在地 長生郡長南町長南969-1
場所 長福寿寺
地図
電車・バスで 外房線茂原駅から長南営業所行・牛久行・鶴舞行バスで愛宕町下車、徒歩3分
ドライブで 圏央道茂原長南ICから3分
駐車場 あり/無料
問い合わせ 長福寿寺TEL0475-46-1837

山形の紅花のルーツは千葉県長南町!?

2016年5月23日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ