「房総横断鉄道トコトコきっぷ」発売中!

房総横断鉄道と聞いてピンとくる人は少ないはず。
なぜなら、そんな鉄道は存在しないから。

千葉県の地図を眺めていただくと、太平洋に突き出した房総半島の内房(東京湾)側の五井から外房(太平洋)側へ、鉄路が延びているのにお気づきになるはず。
内房の五井駅から房総半島中央の上総中野駅までが、「小湊鉄道」(小湊鐵道)。上総中野駅から外房の大原駅までが「いすみ鉄道」で、
この2つの鉄道会社がタッグを組んで実現したのが「房総横断鉄道」というわけなのです。

房総半島横断のトクトクきっぷ

「房総横断鉄道トコトコきっぷ」は、小湊鉄道といすみ鉄道の乗継ぎきっぷに「沿線でのお食事やお買物に使えるうれしいクーポン券」が付いた特別な片道切符。
大人1700円、小人850円で、沿線加盟店での食事、買物などに利用できるクーポン券(大人680円分、小人340円分)が付いています。

五井駅〜上総中野駅(小湊鐵道/営業キロ39.1km)は所要1時間13分、1410円。直通するのは1日平日6本、休日5本。
上総中野駅〜大原駅(いすみ鉄道/営業キロ26.8km)は所要50分、720円。直通するのは、途中の大多喜乗り換えを含めて、1日平日12本、休日11本。
201512170102

「トコトコきっぷ」購入で1110円得する計算に!

単純計算しても五井駅から上総中野駅で乗り継いで大原駅まで房総半島を横断すると、2130円。
これに680円のクーポンが付いているわけだから2810円分の価値があることに。
つまりは、2810円−1700円で、1110円得する計算に。
発売期間は、2015年12月1日〜2016年3月21日。発券枚数は6300枚となっています。
発売は、小湊鉄道が五井駅、光風台駅、上総牛久駅、里見駅、養老渓谷駅、または車内販売。いすみ鉄道が大原駅、国吉駅、大多喜駅となっています(JR五井駅、JR大原駅では発売していません)。
201512170103

沿線の見学ポイントをチェック!

沿線の見学ポイントは、
【小湊鐵道】
蒸気機関車展示(五井駅)、上総国分寺跡(上総村上駅下車/徒歩15分)、養老渓谷温泉郷(養老渓谷駅下車/徒歩30分、路線バス利用も可能)。

【いすみ鉄道】
大多喜城(大多喜駅下車/徒歩15分)、VALLEY WINDS(いすみ鉄道オリジナル商品やムーミングッズを販売/国吉駅構内)。
201512170105

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ