御菓子司 喜久屋

御菓子司 喜久屋

千葉県野田市にある昭和34年創業の和菓子屋、御菓子司喜久屋。有名な「醤油羊羹 御用蔵」は、厳選した丸大豆、小麦、塩と、江戸時代から伝わる菌を使い、醪(もろみ)の醸造に丸1年をかけたキッコーマンの「御用蔵醤油」を使用した羊羹。醤油の辛みと砂糖の甘味がほどよく、独特の味わいです。

「醤油羊羹 御用蔵」がヒット商品

「醤油羊羹 御用蔵」(平成元年発売)は、1日に100棹ほどしか作れないので、評判を聞きつけた遠方からのお客が、一度に多くを買い求めることもあるのだとか(未開封なら6ヶ月間日持ちします)。
地元でも 幻と呼ばれている希少品種の枝豆を使用した枝豆羊羹「野田羊羹 枝萬米」もみやげに絶好。

羊羹のほかに焼菓子、生菓子も種類豊富だが、野田産の枝豆を原料にした菓子に注目を。
セットになった「枝豆づくし」(枝萬米1棹・野田便り3個・野田産枝豆3袋)も用意。

御菓子司 喜久屋
名称 御菓子司 喜久屋/おかしつかさ きくや
所在地 千葉県野田市清水132-1
関連HP 御菓子司 喜久屋公式ホームページ
電車・バスで 東武野田線愛宕駅から徒歩5分
ドライブで 常磐自動車道柏ICから約10km
駐車場 5台/無料
問い合わせ 御菓子司 喜久屋 TEL:04-7122-1604
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ