中正寺火渡り護摩|上野村

中正寺火渡り護摩

毎年5月3日、群馬県上野村の中正寺(天台宗)で『火渡り護摩』が行なわれます。中正寺の裏山で、毎年5月3日に行なわれる火渡り行事。この火渡りの護摩は、密教の荒行(火性三昧法)で、幅9m、奥行き10m、高さ2mの薪を積んで熱し、法を唱えて行者も信者も素足で渡るもの。以前は毎年4月17日に行なわれていましたが、現在は5月3日となっています。

中正寺で身を清めた行者と一般参詣者が火渡りの荒行

中正寺火渡り護摩

身の行、口の行、意の行を積んだ20余名の行者が、中正寺で冷水をかぶり、山伏姿に身を固めて、法螺貝(ほらがい)の音高らかに響かせながら、素足で火の上を渡ります。
行者の火渡りに続いて、清めを受けた一般の信者が渡ります。
運気上昇、開運厄よけ、大願成就にご利益があるとか。

中正寺火渡り護摩
 

中正寺火渡り護摩|上野村 DATA

中正寺火渡り護摩|上野村
開催日時 毎年5月3日
所在地 群馬県多野郡上野村楢原甲146
場所 中正寺
ドライブで 上信越自動車道下仁田ICから約26km
問い合わせ 上野村産業情報センター TEL:0274-20-7070
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ