4月16日【今日は何の日?】

4月16日は、クラーク博士が赴任した札幌農学校から帰途につき、島松駅逓所で「Boys,be ambitious.(青年よ、大志を抱け)」と語ったとされる日、豊臣秀頼が方広寺を再建した日、そして川越電気鉄道開業の日です。

「青年よ、大志を抱け」の日

クラーク博士(William Smith Clark)が、「Boys,be ambitious.(青年よ、大志を抱け)」と語ったのが明治10年4月16日。
というわけでボーイズビーアンビシャスデーになっています。
札幌農学校第1期生・大島正健博士の著書によれば、島松駅逓所(駅逓=旅人の便宜を図る宿駅)まで見送った学生に対し、馬上からクラーク博士が述べたのがこの言葉。
札幌農学校に初代教頭として赴任したクラーク博士といえば、羊ヶ丘公園(札幌郊外)の像が有名ですが、島松駅逓所も現存していますので、千歳空港でレンタカーを借りて札幌方面に移動する際には、高速道路に乗らずに、島松駅逓所にもぜひお立ち寄りを。

さっぽろ羊ヶ丘展望台

2017年5月11日

旧島松駅逓所

2017年5月11日
 

4月16日生まれの有名人は?

歌手のなぎら健壱、チュートリアルの徳井義実ほか。
 

4月16日生まれの誕生花は?

チューリップ、グロッサリオ、アネモネ

豊臣秀頼、方広寺を再建

慶長19年4月16日、豊臣秀頼が京、方広寺を再建しました。
豊臣秀吉が発願した6丈3尺(19m)の大仏(盧舎那仏)を安置するための寺として創建しますが、火事で焼失。
完成した梵鐘が完成し、開眼供養の日を待つばかりとなりましたが、梵鐘に刻まれた「国家安康」「君臣豊楽」の句が徳川家康の家と康を分断し豊臣を君主とし、家康及び徳川家を冒瀆するものと指摘される事件が勃発(方広寺鐘銘事件)。
歴史は大坂の陣へ向かい、豊臣家は滅亡します。
その梵鐘(国家安康の鐘)は現存しています。

方広寺

2017年12月19日

川越電気鉄道開業

明治39年4月16日、川越電気鉄道川越久保町〜大宮間が開業。
大正11年に西武鉄道となりましたが、昭和15年7月22日の省線川越線大宮〜高麗川間開通により廃止に。
西武鉄道の前身は大正4年4月15日に開業の武蔵野鉄道ですが、歴史的にはこちらの方が古いことに。

川越電気鉄道

明日は何の日? 昨日は何の日?

4月17日【今日は何の日?】

2015年4月17日

4月15日【今日は何の日?】

2015年4月15日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ