7月2日【今日は何の日?】

7月2日は、夏至(げし)から数えて11日目の半夏生(はんげしょう/うるう年の場合には7月1日)、慶徳稲荷神社『御田植祭』(喜多方市)、梅田スカイビル(世界初の連結超高層建築)・空中庭園展望台開業の日、たわしが創案された「たわしの日」、1年の真ん中の日、タコの日、「オッペケペー節」の川上音二郎が川上座を開場。

半夏生(はんげしょう)

七十二候(しちじゅうにこう)のひとつで、夏至の末候が半夏生。
七十二候のルーツ、中国では、ハンゲ属の烏柄杓(カラスビシャク)が生える頃という意。
天文学的には天球上の黄経100度の点(黄経は春分点を0度、夏至点が90度)を太陽が通過する日にもなっています。
気候の変わり目として、農作業の大切な目安とされている日です。
一般的に田植えは「夏至の後、半夏生に入る前」に終わらせるものとされています。

慶徳稲荷神社『御田植祭』|喜多方市

福島県喜多方市の慶徳稲荷神社で『御田植祭』が執り行なわれます。
半夏生の日は、「水稲の田植えを終える」目安で、慶徳稲荷神社『御田植祭』は、日本の北限の田植え神事となっています(国の重要無形民俗文化財に指定)。

慶徳稲荷神社『御田植祭』

慶徳稲荷神社『御田植祭』|喜多方市

2019年6月23日

空中庭園展望台開業

平成5年7月2日、大阪市の新梅田シティ、世界初の連結超高層建築の梅田スカイビルに空中庭園展望台開業。
平成30年7月2日に25周年を迎え、建築的な知識を学べ、真っ白な空間で、天井が一部鏡張りとなり空間も写真映えする施設へとリニューアルしています。

新梅田シティ 空中庭園展望台

新梅田シティ 空中庭園展望台

2018年9月24日

たわしの日

明治時代の中頃、文京区小石川の少年、西尾正左衛門が、醤油屋に奉公していたとき樽の掃除に使う道具として「たわし」を創案。
大正4年7月2日、西尾商店(現在の亀の子束子西尾商店)の西尾正左衛門が、「亀の子束子」の特許を取得。2015年(平成27年)でちょうど100周年となりました。
 

1年の真ん中の日

1年のちょうど真ん中の日。平年なら12:00(正午)、閏年は午前0:00がちょうど折り返しの時間となります。
 

タコの日

関西地方では7月2日頃の半夏生(はんげしょう=夏至から数えて11日目)に蛸を食べる人が多いことから。
「うなぎの日に先だってタコを食べて夏バテを防ぐ」のだとか。
もともとは、作物がタコの足のように、大地にしっかりと根を張ることを祈願することから生まれた風習だとか。
稲の無事な収穫を祈って神様に献げるのがタコだったというわけ。
現在でも関西の一部の地域ではこの時期スーパーにはタコがズラリと並びます。
 

川上音二郎「川上座」開場

明治29年7月2日、「オッペケペー節」で知られる川上音二郎が東京市神田区(神田三崎町)に新派劇専門の川上座を開場。明治27年には人気芸者の貞奴(本名:小山貞)と結婚し、日清戦争が始まると、戦争劇も上演し大評判となっています。
妻・貞奴がアメリカの舞台に立つことになる渡米は、明治32年のことです。
三崎町の100メートル四方くらいのエリアにあった川上座、東京座、三崎座を「三崎三座」といいます。
川上座は、明治31年に川上音二郎の手を離れ、明治34年に改良座と改称。
明治36年に火災により焼失しています。
日本大学法学部3号館あたり(東京都千代田区三崎町2・3)に「三崎三座跡」の案内板も立っています。

7月2日生まれの有名人は?

女優の浅丘ルリ子、やすしきよしの西川きよし、歌手・小柳ルミ子、南沙織、V6の三宅健ほか。
 

7月2日の誕生花は?

金魚草、クレマチス、グラジオラス
 
 

明日は何の日? 昨日は何の日?

7月3日【今日は何の日?】

2015年7月1日

7月1日【今日は何の日?】

2015年6月30日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ