生麦事件犠牲者・リチャードソンの墓

生麦事件犠牲者・リチャードソンの墓

神奈川県横浜市中区山手町、横浜外国人墓地の裏口近くにあるのが、生麦事件犠牲者・リチャードソンの墓。幕末に起こった生麦事件で、上海から横浜に見物に来ていたイギリス人のリチャードソンが、薩摩藩の大名行列に遭遇、無礼討ちにあったことから、薩英戦争へと発展しています。

横浜外国人墓地に眠る生麦事件の犠牲者

文久2年8月21日(1862年9月14日)、武蔵国橘樹郡生麦村(現・神奈川県横浜市鶴見区生麦)で、東海道をゆく島津久光(薩摩藩主島津茂久の父)の大名行列に遭遇したのが、横浜居留地から馬でピクニックに出かけていた4人。

横浜居留地でハード商会(アメリカの商社)に勤務するイギリス人のウッドソープ・クラーク(Woodthorpe Charles Clark)、横浜在住の生糸貿易商のウィリアム・マーシャル(William Marshall)、マーシャルの従姉妹で香港から横浜へ観光に来ていたマーガレット・ボラディル夫人(Margaret Watson Borradail)、そして、上海で長年商売をしていて、イギリスへ帰郷する際に、見物のため来日していたチャールス・リチャードソン(Charles Lennox Richardson)の4人で、一説には馬で川崎大師見物に出かけたとも。

リチャードソンは騎乗のまま薩摩藩の大名行列に乗り入れたため、薩摩藩士奈良原喜左衛門に無礼打ちにあい、逃げますが落馬。
追いかけてきた藩士らにとどめを刺されているのです。
ボラディル夫人は逃げることができましたが、案内役だったクラーク、マーシャルは重傷を負いながらもアメリカ領事館だった本覚寺へ逃れ、治療を受けています。

近年、生麦事件直前、犠牲者のリチャードソンが、「山や海の景色は抜群で、日本は私が訪れた最高の国」などと母国・イギリスの家族に日本の印象をつづった手紙がロンドンで発見され、「日本は大きな貿易国になる」と考えていたことなどから、事件が偶発的に起こったことを裏付けています(平成24年には子孫が横浜外国人墓地を訪問)。

生麦事件を契機に、薩英戦争が勃発

イギリス政府はリチャードソン殺害事件に際して、代理公使ジョン・ニールを通じて薩摩藩と江戸幕府に賠償金10万ポンド、犯人の引渡しと陳謝を要求。

幕府は賠償金10万ポンドを支払いますが、イギリス艦隊は鹿児島湾に碇を下ろして薩摩藩と直接交渉に臨みます。
薩摩藩は自らには非はないと、要求を拒絶したため、文久3年7月2日(1863年8月15日)、薩英戦争が起こり、双方に大きな被害が生まれ、イギリス艦隊は横浜に引き上げています。

生麦事件犠牲者・リチャードソンの墓
名称 生麦事件犠牲者・リチャードソンの墓/なまむぎじけんぎせいしゃ・りちゃーどそんのはか
所在地 神奈川県横浜市中区山手町96
電車・バスで 横浜高速鉄道みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩3分、またはJR石川町駅から徒歩15分
ドライブで 首都高速横羽線横浜公園ICから約1.8km
駐車場 元町第一駐車場(90台/有料)など周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 横浜外国人墓地資料館 TEL:045-622-1311
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
横浜外国人墓地

横浜外国人墓地

安政6年6月2日(1859年7月1日)の開港後、横浜に居留した外国人の墓地として、横浜の発展に尽くした外国人たちが眠る墓地が横浜外国人墓地。もとはペリー提督の艦隊の中の一隻である「ミシシッピー号」の墜死した水兵を葬ったのが始まりで、ペリーの

外国人墓地資料館

外国人墓地資料館

神奈川県横浜市の横浜港を眺める高台、山手地区にある横浜外国人墓地。幕末の米黒船艦隊来航の際の軍人の埋葬が起源という墓地には、開港後の居留地などで亡くなった40数ヶ国の外国人約5000人が眠っています。そんな外国人墓地の入口にある入館無料のミ

生麦事件

生麦事件の碑

神奈川県横浜市鶴見区生麦1丁目 、首都高速道路神奈川7号横浜北線の岸谷生麦IC近くの高架下にあるのが、生麦事件の碑(なまむぎじけんのひ)。文久2年8月21日(1862年9月14日)、居留地のイギリス人が薩摩藩の大名行列に馬で乗り入れ、無礼討

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ