出羽三山神社八朔祭|鶴岡市

出羽三山神社八朔祭

毎年8月31日〜9月1日、山形県鶴岡市の出羽三山神社で『出羽三山神社八朔祭』(でわさんざんじんじゃはっさくさい)が執り行なわれます。出羽三山神社御開祖・蜂子皇子を祀る摂社・蜂子神社の祭礼(特殊神事)。八朔(はっさく)とは八月朔日の略で旧暦8月1日のこと(西暦だと8月下旬〜9月下旬)。

羽黒山で8月31日の夜に行なわれる特殊神事

八朔は、早稲の穂が実る時期から田の実の節句ともいい、『八朔祭』は、成熟する田に収穫前に台風などの災害がないように祈る祭礼。

8月31日22:00〜、表参道石段の終点に鎮座する蜂子神社での例祭のさなか、秋峰の修行者達が蜂子皇子(はちこのおうじ=崇峻天皇の第三皇子で羽黒山に登り羽黒権現を感得し、出羽三山を開山)に修行の報告を行なった後、社前の護摩壇に積まれた柴燈木に火を放ちます。
柴燈護摩(さいとうごま)の火をもって御霊を祭るもので、火を介して諸神来臨を仰ぐもの。
柴燈護摩に続いて三神合祭殿(さんじんごうさいでん)で0:00〜『田面祭』を斎行。

出羽三山は明治の神仏分離まで神仏習合で、修験の地として栄えました。
羽黒山大権現・月山大権現・湯殿山大権現が出羽三所大権現(でわさんしょだいごんげん)で、それぞれの権現は、仏が「権」(かり)の姿で現れた垂迹神とされていました(本地仏は、聖観音菩薩・阿弥陀如来・大日如来)。
護摩を焚くのも神仏習合時代からの伝統です。

ちなみに、蜂子皇子の墓は、東北地方で唯一の皇族の墓で、宮内庁が管理しています。

出羽三山神社八朔祭|鶴岡市
開催日時 毎年8月31日〜9月1日
所在地 山形県鶴岡市羽黒町手向羽黒33
場所 出羽三山神社
関連HP 出羽三山神社公式ホームページ
電車・バスで JR鶴岡駅から庄内交通バス羽黒山頂行きで55分、終点下車、徒歩5分
ドライブで 山形自動車道鶴岡ICから約21.8km
駐車場 羽黒山頂駐車場(450台/無料)
問い合わせ 出羽三山神社 TEL:0235-62-2355/FAX:0235-62-2352
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
出羽神社三神合祭殿

出羽神社三神合祭殿

羽黒山山頂に建つ出羽神社三神合祭殿は出羽三山信仰の中心となる存在で、月山・羽黒山・湯殿山の三神を合祭した聖地。月山、湯殿山は、冬期間積雪のため参拝できないことから、三神を祀るようになったといわれています。明治維新以前の神仏習合時代には大堂、

羽黒山開山堂・蜂子神社

羽黒山開山堂・蜂子神社

蜂子皇子(はちこのおうじ)は、推古天皇の御代に出羽三山を開いたと伝える開山の祖。蜂子神社(はちこじんじゃ)の祭神として祀られ、その墓は羽黒山頂のバス停から三神合祭殿への参道途中にあり、宮内庁の管理になっています。表参道石段の終点の鳥居をくぐ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ