【知られざるニッポン】vol.45 豊臣秀吉が築城した「駿府城」とは!?

駿府城(豊臣秀吉築城)

静岡市街の中心地、駿府城公園は、将軍職を徳川秀忠に譲り大御所時代の駿府城の跡だとされています。全国の大名に命じて(天下普請)築城させたのが現在の駿府城です。それは歴史的事実なのですが、駿府城の天守台跡の発掘調査で、豊臣秀吉が築城を命じた「駿府城」の天守台が発見されたのです。

駿府城公園で秀吉築城の「幻の城」発見!

駿府城(豊臣秀吉築城)
豊臣時代の天守台VS家康「大御所時代」の天守台

もともとは今川義元など今川家の館があった場所に、天正10年(1582年)の武田氏滅亡後、駿河(現在の静岡県東部)を領有した徳川家康が、駿河の府中(駿府)の城として築いたのが駿府城の始まり。

天正18年(1590年)の初冬、豊臣秀吉は小田原攻め(小田原征伐)を行ないますが、その時、水軍を動員して清水湊(現在の清水港)に大量の物資を運んで勝利を収めますが、その直後に家康を関東に封じて、駿府城には秀吉の家臣・中村一氏(なかむらかずうじ)が入城します。
その際、秀吉は絢爛豪華な天守を築城したと推測できるのです。

静岡城の天守発掘調査で、なんと、秀吉が京に築いた聚楽第(じゅらくてい/天正15年に完成)と酷似した大量の金箔瓦330枚、そして自然石を野面積みした天守台石垣が新たに出土し、豊臣秀吉が築かせた天守台跡と確認されたのです。

秀吉の命により駿府から江戸に移った家康を監視、威嚇する役割を担ったとも推測できるのですが、徳川家康の天下普請による駿府城改修の際には、この天守台を覆い隠すようにして天守を構えたのです。

しかもこれまで中村一氏時代の駿府城については記録もまったく残されておらず、遺構も発見されていなかったことからまさに「幻の城」だったのです。

つまり、天正13年(1585年)に家康築城の家康5ヶ国統治時代の駿府城、その上に(あるいはそれを破却して)秀吉時代の駿府城が、さらに大坂冬の陣、大坂夏の陣の前に家康が築いた日本最大の天守台と、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての激動の時代を背景に、駿府城変遷のドラマが隠されていたのです。
秀吉が江戸に向かって威嚇した天守、そしてそれを覆い隠して大坂を睨みを利かした家康の大天守。
当時の最大級、最先端の城が駿府に築かれたことが、発掘調査で明らかになりました(駿府城跡天守台発掘調査は2016年8月〜2020年2月、駿府城公園北西部にて8:30~17:15に実施)。

掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

駿府城跡(駿府城公園)

静岡市の中心に位置する二重の堀と美しい石垣に囲まれた、静岡市民憩いの場。かつて徳川家康が築城、余生を送った駿府城の跡で、駿府藩の藩庁。府中城や静岡城とも呼ばれています。日清戦争後の明治29年から終戦まで、静岡歩兵第三十四聯隊の兵営があった場

駿府城二ノ丸 巽櫓・東御門を見学

慶長12(1607)年、将軍職を2代目・秀忠に譲った家康は隠居して駿府城(静岡市)に暮らします。東海道の要衝である駿府に暮らすことで、江戸を守るのと同時に、西への睨みをきかしたのです。人質時代に暮らした住みやすい温暖な土地で余生を、という気

駿府城に登城せよ!(2)二ノ丸から本丸へ

駿府城に居城する大御所(徳川家康)に拝謁する気持ちで、駿府城の本丸を目ざします。今回はパート2で、二ノ丸から本丸への道のり。前回、二ノ丸で坤櫓を見学したので、今回は二ノ丸へ東御門から入城します。三ノ丸大手御門から入城することもできますが、実

駿府城に登城せよ!(1)三ノ丸から二ノ丸へ

JR静岡駅前に降り立っても、そこが城下町という雰囲気はありません。近代的な町並みだからです。静岡の城下町は昭和15年の静岡大火と、昭和20年の空襲で大御所ゆかりの美しい家並みは失われてしまいました。面影が残るのは、県庁から駿府城公園となった

家康は駿府城に3回、天守を建てている!(駿府城本丸を詳細に解説)

徳川家康は生涯のうち、3回駿府城に天守を建てています。最初に駿府に来たときは、天文16年(1547年)、今川氏全盛期である9代・今川義元の時代。家康も松平竹千代という幼名を名乗っています。人質として6歳から19歳までの12年間を駿府で過ごし

家康は駿府城で大御所政治を展開!(駿府城に手植えのみかんが現存)

慶長10年(1605年)、将軍職を子の徳川秀忠に譲り、駿府に隠居を予定した徳川家康は、天下普請によって駿府城を大修築。慶長12年(1607年)には駿府城を居城として「大御所政治」が始まります。駿府城は、名目上は徳川頼宣が城主(慶長14年から

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

酒井正人(プレスマンユニオン理事)

ラジオ・テレビレジャー記者会会員/旅ソムリエ。 旅の手帖編集部を経て、まっぷるマガジン地域版の立ち上げ、編集。昭文社ガイドブックのシリーズ企画立案、編集を行なう。その後、ソフトバンクでウエブと連動の旅行雑誌等を制作、出版。愛知万博公式ガイドブックを制作。以降、旅のウエブ、宿泊サイトにコンテンツ提供、カーナビ、ポータルサイトなどマルチメディアの編集に移行。

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ