もうひとつの「東京湾納涼船」は、フェリーの定期便がビアガーデンに!

東京湾フェリー納涼船

久里浜港(神奈川県久里浜市)と金谷港(千葉県富津市)を結び、東京湾を横断する東京湾フェリー。2024年は7月14日(日)〜9月8日(日)の間、フェリーの定期便(「かなや丸」)の船内を利用し、船内とデッキがビヤガーデンに変身という「東京湾納涼船」を実施。土・日曜、祝日にはフラショーも。

東京湾を横断するフェリーの船内、デッキがビヤガーデン!

東京湾フェリー納涼船

「東京湾納涼船」といえば、東京・竹芝桟橋を起点にする東海汽船が有名ですが、こちらは伊豆諸島への大型客船「さるびあ丸」の出航前の時間を利用して、レインボーブリッジをくぐって1時間45分の船旅を楽しむもの。
「東京湾納涼船」とはいうものの、実際は「東京港納涼船」に近い航路です。

対する東京湾フェリーの「東京湾納涼船」は、フェリーの定期便を利用してという大胆なプランですが、毎年恒例で、こちらも負けず劣らずの人気。

夕日を眺めながら飲み放題を楽しむ「サンセットクルーズ・船上ビアガーデン」と、気軽にちょい飲み「ワンショットクルーズ」のプランが用意されていますが、注目は「サンセットクルーズ・船上ビアガーデン」。
久里浜港18:15便、金谷港17:20便が対象で、定期航路で1往復・1時間50分のクルーズで、生ビール・焼酎・各種サワー・ワイン・ハイボール・ホッピー・ソフトドリンクなどの飲み放題が付いて、大 人 3500円、20歳未満2100円、小学生1500円。

席は自由席ですが、人数分のオードブル を注文すれば、ホテルのロビーラウンジを思わせるような座席をキープしてもらえるので(当日の予約状況によっては、一部相席に)、電話予約でオードブルを頼んでおくのがおすすめです。

これでは飲みたりないという人は、実施日が限られますが、「サンセット・船上ビアガーデン2遊覧クルーズ」が用意されており、久里浜港16:15便、久里浜港20:00頃着で(定期航路2往復、3時間50分のクルーズ)、大人5500円、20歳未満3500円、小学生2300円と少しお得な計算に。

途中下船はできませんが、2遊覧クルーズなら、東海汽船に比べてもグンと飲んだくれることができます。
広々としたオープンデッキからは東京湾の夕景(晴れていれば富士山も)、夜景のほか、行き交う船も眺められて、船旅の醍醐味を実感できます。

東京湾フェリー納涼船
甲板の上は潮風が爽快!
5人〜6人くらいのグループでオードブルを注文するのがおすすめ
もうひとつの「東京湾納涼船」は、フェリーの定期便がビアガーデンに!
開催日時 2024年7月14日(日)~9月8日(日)
所在地 久里浜港=神奈川県横須賀市久里浜8-17-20/金谷港=千葉県富津市金谷4303
場所 東京湾フェリー
関連HP 東京湾フェリー公式ホームページ
電車・バスで 久里浜港=京浜急行京急久里浜駅から東京湾フェリー行きで10分、終点下車すぐ。またはタクシーで8分/金谷港=JR内房線浜金谷駅から徒歩8分
ドライブで 久里浜港=横浜横須賀道路佐原ICから約4km/金谷港=富津館山道路富津金谷ICから約3km
駐車場 久里浜港(100台/有料)・金谷港(60台/有料)
問い合わせ 東京湾フェリー久里浜港 TEL:046-835-8855/東京湾フェリー金谷港 TEL:0439-69-2111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

東京湾フェリー「東京湾納涼船」サンセットクルーズ|2024

2024年7月14日(日)~9月8日(日)、東京湾フェリー「東京湾納涼船」サンセットクルーズを開催。久里浜港(神奈川県横須賀市)と金谷港(千葉県富津市)を結ぶ東京湾フェリー。夕方の定期便を活用して船上がビヤガーデンに変身。東京湾を行き交う船

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

よく読まれている記事

こちらもどうぞ