芸妓見番・湯めまちをどり華の舞|熱海市

毎週土・日曜11:00~、静岡県熱海市の熱海芸妓見番歌舞練場で、『湯めまちをどり華の舞』が行なわれています。芸妓衆が厳しいお稽古をする場、芸妓見番(げいぎけんばん)。現在はここを会場に、毎週土・日曜に『湯めまちをどり華の舞』を開演しています。

熱海芸妓の粋な踊りを堪能しよう

昭和29年に熱海芸妓見番歌舞練場の現存する建物が完成し、当時、「東海一の芸妓組合」といわれました。

『芸妓見番・湯めまちをどり華の舞』は、熱海温泉、初川沿いにある芸妓連歌舞練場「芸妓見番」を解放し、普段はなかなか見ることのできないプロの踊りを堪能するもの。
「地方(三味線等の演奏)・立ち方(踊り)の息の合った公演ですが、着物の着こなし、振る舞いなどため息ものの美しさ」とのこと。
「三下り甚句」では出演者全員が登場します(TOPの画像)。
平日にはお稽古風景も見学可能(要問合せ)。

ちなみに熱海の芸妓ですが、一人前になるには「最低10年かかります」とのこと。
最盛期の昭和30年代には1000人を超え、置屋も200軒以上あったということですが、現在置屋の数は六十数軒、芸妓の数も150人ほどになっています。
それでも日本一の芸妓の数とのこと。貴重な日本の花街の文化を芸妓連歌舞練場「芸妓見番」が後世に伝えるための絶え間ない努力を行なっています。
『芸妓見番・湯めまちをどり華の舞』も実はその一環なのです。

湯めまちをどり 華の舞
   

芸妓見番・湯めまちをどり華の舞 EVENT DATA

開催日 毎週土・日曜
開催時間 11:00~(約30分)
料金 1500円(芸妓踊り・顔見せ・お菓子お茶付)
開催地住所 静岡県熱海市中央町17-13
開催場所 熱海芸妓見番歌舞練場
電車・バスで JR熱海駅から徒歩15分
問い合わせ (予約)芸妓見番TEL:0557-81-3575
関連HP 熱海芸妓置屋連合組合公式ホームページ
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ