南宮御旅神社(美濃国府跡)

南宮御旅神社(美濃国府跡)

岐阜県垂井町(たるいちょう)にある、南宮大社の神輿のお旅所として知られる神社。古代に美濃国(みののくに=岐阜県南部)国府があった地に建つ、国府之宮がルーツと推測される古社。境内から美濃国国府の政庁跡が発掘され、政庁正面にのびる南北道路の朱雀路跡なども見つかっています。

発掘調査の結果、美濃国政庁の正殿などが見つかっています

平成3年から平成15年にかけての13次にわたる発掘調査の結果、境内から美濃国国府の正殿跡の一部が、さらにその南側から東西の脇殿跡が発掘されています。
それまで安立寺(あんりゅうじ)が美濃国国府跡と推測されており、安立寺境内に「美濃国府廰趾」碑が立っていますが、南宮御旅神社の社殿南側に国府の政庁が築かれていたことが判明しています。

発掘調査の結果、美濃国府政庁(国府の中心となる建物)の範囲は、南北73.5m、東西66mという巨大なものだったことがわかっています。
国府の範囲は安立寺、忍勝寺あたりが北限と推測されています。
正殿の遺構は、現在の南宮御旅神社社殿の下に眠っていることになります。

古代には東国への入口に位置する美濃国は、政治的、軍事的に重要な場所でした。
美濃国の国司には在原業平(ありわらのなりひら)なども赴任しています。

周辺には美濃国分寺跡、美濃国分尼寺跡、美濃国一の宮の南宮大社もあり、南宮御旅神社が美濃国総社だったと推測できます。

南宮御旅神社(美濃国府跡) DATA

名称 南宮御旅神社(美濃国府跡)/なんぐうおたびじん(みのこくふあと)
所在地 岐阜県不破郡垂井町府中2506
関連HP 垂井町観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR垂井駅から徒歩20分
ドライブで 名神高速道路関ヶ原ICから約7km
駐車場 なし
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
美濃国分寺跡

美濃国分寺跡

2018年1月27日

南宮大社

2018年1月27日
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ