安家洞

安家洞

太古は珊瑚礁の海だったという岩手県岩泉町にある総延長2万3702mで、日本一長い鍾乳洞が安家洞(あっかどう)。国の天然記念物に指定されるほか、龍泉洞とともに三陸ジオパークのジオサイトにもなっています。観光洞窟として4月中旬~11月下旬の間、入口から500m地点の千枚皿までが公開されています。

日本最長の洞窟もわずか500mしか見学できません

安家洞

主洞は東本洞、西本洞、奥本洞に分けられ1000ヶ所もの支洞が確認され、まさに内部はダンジョンのように複雑です。
500mの間にも校長先生の泣き所、一の関、二の関、三の関と狭い部分が続くので、入口でヘルメットを貸し出してくれます。
神殿、一角サイ、ペンギン岩を見たらUターンです。

安家洞は、ほとんどすべての型の鍾乳石が見られるため「鍾乳石の博物館」とも呼ばれています。

龍泉洞、安家洞一帯は太古のサンゴ礁や石灰質の殻を持つ生物の死骸などでできた石灰岩で形成されています。
石灰岩を、二酸化炭素を含む雨水などが気の遠くなるような長い年月をかけて溶かし続けて、誕生したのが鍾乳洞です。
石灰岩は炭酸カルシウムでできていますが、これは太古のサンゴ礁。
古生代から中生代にかけて一帯は温暖な海だったことがわかります。
三陸にはこのほか、洞内に高低差29mの滝が落ちる滝観洞(住田町)、縄文時代の住居跡である関谷洞窟住居跡(大船渡市)、冬には氷筍が成長する内間木洞(久慈市)などがあります。

岩泉町周辺でおすすめの宿は!?

年金福祉事業団の大規模年金保養基地としてリゾート開発開発されグリーンピア。
公的リゾートホテルでしたが、経営不振からすべてのグリーンピアが廃止、一部が民営化されて存続しています。
そのなかのひとつ、グリーンピア田老は、民営化され(「三陸みやこ」の経営)、「グリーンピア三陸みやこ」として再出発しています。

グリーンピア三陸みやこを予約する

広大な敷地のリゾートホテルが、民間の手で再生中。
2食付きでも1万円前後で宿泊できるエコノミーな料金設定の割には、豪華な施設。
風呂は温泉ではなく光明石温泉(人工温泉)。
夏休みには流水プールも営業するので、ファミリーの滞在にもおすすめです。

 

安家洞 DATA

名称 安家洞/あっかどう
所在地 岩手県下閉伊郡岩泉町安家日蔭161-1
関連HP 安家洞公式ホームページ
ドライブで 東北自動車道盛岡ICから約106km
駐車場 100台/無料
問い合わせ TEL:0194-24-2011
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

滝観洞

2018.07.25

龍泉洞

2018.07.24

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ