苗代桜

苗代桜

岐阜県下呂市和佐にある樹齢350~400年2本の吉野桜が苗代桜。開花すると里人が田植えの準備を始めたことから、苗代桜、別名を暦桜(こよみざくら)とも呼ばれています。岐阜県の天然記念物、飛騨・美濃さくら三十三選に選定されています。見頃は例年4月上旬~中旬で、開花期間中にはライトアップも実施。

樹齢350~400年、2本の吉野桜が水を張った田に映る

苗代桜

近江源氏佐々木氏の三木四郎兵衛宗次がこの地に移住したさいに手植えしたとの伝承がある桜です。
実は、この桜、一本桜ではなく、2本の桜。
1本は樹高30m、目通り周囲4m、他の1本は樹高25m、目通り周囲3mで、樹勢は今なお盛ん。

もともとは3本ある三姉妹の桜でしたが、昭和27年に1本が枯死してしまいました。

苗代桜

苗代桜 DATA

名称 苗代桜/なわしろざくら
所在地 岐阜県下呂市和佐567
関連HP 下呂市観光案内サイト
電車・バスで JR焼石駅から徒歩30分。または、JR下呂駅からタクシーで20分
ドライブで 東海環状自動車道富加関ICから約52km
駐車場 開花期間中は和佐グランド(230台/有料)を利用/1km以上離れているためシャトルバスを利用
問い合わせ 下呂市観光課 TEL:0576-24-2222/FAX:0576-25-3252
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ