島村の渡し(島村渡船)

坂東大橋と上武大橋の中程に位置する利根川の渡船が島村の渡し(島村渡船)。伊勢崎市道(6-603号線=新地今泉線)扱いのため、渡船運賃は無料(市道渡船)。この島村地区は、利根川を隔てて埼玉県側に飛び地となっている場所です。動力船ですが、船着場付近では櫂を使用するなど昔ながらの利根川渡船が健在です。

「富岡製糸場と絹産業遺産群」の田島弥平旧宅近くに渡船場が

江戸時代に始まったという歴史ある島村の渡し(島村渡船)。
暴れ河だった利根川の流れがたびたび変わったためで、明治末から大正にかけて大規模な改修工事が行なわれ、村が南北が分断されてしまった場所。

島村という地名も利根川の中州を意味しており、世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産となる田島弥平旧宅を代表とする養蚕農家群が残されているので、時間があればあわせて見学をおすすめ。

公共交通機関利用の場合には、東武伊勢崎線境町駅南口から境島村観光シャトルバス(土・日曜、祝日のみ運転/伊勢崎市文化観光課に確認の上、乗車を)を利用し、利根川水辺プラザ公園、島村蚕のふるさと公園で下車します。

右岸側(南側)から乗船する場合は赤い旗で合図を

島村渡船フェスタ

島村の渡し(島村渡船)は、700mという短い距離ながらも流れが急なため、しばしば台風で河岸が崩れることも。
このため桟橋はなく、掘削しただけの岸に直接つけるという昔ながらのワイルドな渡し船になっています。

船外機船ですが、基本は和船という風情あるもので、なんとものどかな船旅が楽しめます。

なお、右岸側(南側)から乗船する場合は、赤い旗を立てて対岸に待機する船頭さんに合図する仕組み。
左岸側(北側)から乗船する場合は、渡船小屋にいる渡船夫に声をかけるか、船の到着を待てばOK。

毎年5月の第3日曜日(変更になる場合があります)には利根川左岸(利根川北側)で『島村渡船フェスタ』が開催されています。
 

島村の渡し(島村渡船) DATA

名称 島村の渡し(島村渡船)/しまむらのわたし(しまむらとせん)
所在地 群馬県伊勢崎市境島村
関連HP 伊勢崎市ホームページ
電車・バスで 東武伊勢崎線境町駅からタクシーで15分または境島村観光シャトルバスを利用。JR高崎線本庄駅からタクシーで20分、深谷駅からタクシーで25分、JR両毛線伊勢崎駅からタクシーで35分
ドライブで 関越自動車道本庄児玉ICから約10kmで南側、北関東自動車道伊勢崎ICから約13kmで北側
駐車場 20台/無料
問い合わせ 渡船夫携帯電話TEL:080-2677-8331
伊勢崎市建設部道路維持課TEL:0270-27-2761
伊勢崎市境道路対策室TEL0270-74-0568
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ