富田渡船跡

富田渡船跡

千葉県香取市富田地区と富田新田(常陸利根川との中洲/富田・三ノ分目・一ノ分目)を結び、昭和2年頃に運航を開始した利根川の渡船。おみがわ丸(定員14人)が運航し、小見川中学校への通学など地元の人の貴重な足となっていました。平成25年3月に廃止となっています(画像は廃止前のもの)。

平成25年3月に廃止された利根川で最下流にあった渡船

富田渡船跡
富田渡船跡

利根川下流の県道44号(小見川大橋)まで迂回すると2.5kmほどあり、対岸へは徒歩で1時間以上もかかってしまうために渡船が運航されていました。
富田新田には小見川北小学校利北分校(明治40年開校)もありますが、5・6年生は渡船を利用して小見川北小学校へ通っていました。
利用者は1日十数人で、船体の老朽化も進み、地元住民らで構成する渡船組合と船を所有する香取市の間で、廃止が検討され、平成25年3月に廃止に。
その後は通学用のワゴン車が運行されています。

利根川の渡船は、小堀の渡し(おおほりのわたし/茨城県取手市)、島村渡船(群馬県伊勢崎市)、赤岩渡船(埼玉県熊谷市・群馬県千代田町)の3ヶ所が現存。

富田渡船跡 DATA

名称 富田渡船跡/とみたとせんあと
所在地 千葉県香取市富田
ドライブで 東関東自動車道佐原香取ICから約10.8km
駐車場 3台/無料
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

小堀の渡し

2017年11月15日

島村の渡し(島村渡船)

2017年11月11日

赤岩渡船

2017年11月11日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ