中津峡

中津峡

埼玉県秩父市を流れる荒川水系の一級河川・中津川の生み出した渓谷が、中津峡。旧塩沢地区から中津川地区間の10kmにわたる渓谷で、中津峡(峡谷)と呼ばれるように高度差100mにも及ぶ断崖が続いています。秩父古生層の固い岩盤を、中津川が長い年月を費やして浸食して誕生した峡谷です。

中津峡の紅葉を代表する名所は、「女郎もみじ」

秩父多摩甲斐国立公園に指定される自然は、カエデ、ウルシノキ、ナナカマド、モミなどが多く、紅葉の名所にもなっています。
険しい地形ゆえに開発の手を阻み、植林などがされずに自然林が多く残るのが特徴(そのため新緑、紅葉が美しい落葉広葉樹が多数)。
春はツツジ、初夏の新緑、夏の深緑、秋の紅葉と続き、奥秩父随一の景観とも。
紅葉の見頃は例年10月下旬~11月上旬。
埼玉県道210号(中津川三峰口停車場線)、持桶トンネル(もちおけとんある)南入口(下流側)近くの「女郎もみじ」は色鮮やかさで有名です。

一帯には国道140号沿いの大滝渓谷、滝沢ダム・奥秩父もみじ湖、ループ橋の雷電廿六木橋(らいでんとどろきばし)と景勝地が連続しています。

持桶トンネルの上流側の出合(であい)にある岩壁には、厳冬期に高さ50mを超えるダイナミックな氷壁が出現。
「中津川の氷壁」として、大滝地区の「三十槌の氷柱」(みそつちのつらら=秩父三大氷柱のひとつ)と並ぶ冬の人気スポットになっています。

中津峡の紅葉は、秩父帯が生み出した自然林の紅葉ということで、ジオパーク秩父のジオサイト(生態系)にもなっています。

中津峡
名称 中津峡/なかつきょう
所在地 埼玉県秩父市中津川417
関連HP 秩父市公式ホームページ
電車・バスで 秩父鉄道三峰口駅から西武観光バス中津川行きで50〜59分、中双里、相原橋、農林センターなど下車
ドライブで 関越自動車道花園ICから約63km
駐車場 なし
問い合わせ 秩父観光協会大滝支部 TEL:0494-55-0707
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
雷電廿六木大橋

雷電廿六木橋

埼玉県秩父市の国道140号(彩甲斐街道)、埼玉県道210号にあるループ橋が雷電廿六木橋(らいでんとどろきばし)。滝沢ダム建設に伴って付け替え工事の際、ダム上下流の高低差120mを克服するために架橋された橋です。廿六木(とどろき)はダム建設・

奥秩父もみじ湖(滝沢ダム)

奥秩父もみじ湖(滝沢ダム)

埼玉県秩父市、荒川水系中津川に建設されたダムが滝沢ダム、ダムによって誕生したダム湖は、奥秩父もみじ湖と名付けられています。滝沢ダムは、荒川の上流部に荒川の治水と東京都・埼玉県への利水を目的に築かれた多目的ダム。埼玉県内最大のダムで、下流

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ