雷電廿六木橋

雷電廿六木大橋

埼玉県秩父市の国道140号(彩甲斐街道)、埼玉県道210号にあるループ橋が雷電廿六木橋(らいでんとどろきばし)。滝沢ダム建設に伴って付け替え工事の際、ダム上下流の高低差120mを克服するために架橋された橋です。廿六木(とどろき)はダム建設・道路付け替えに際して移転となった集落名です。土木学会田中賞を受賞。

平成10年に完成した美しいループ橋

構造的には、大滝大橋(おおたきおおはし/全長345m)、廿六木大橋(とどろきおおはし/全長270m)という2つの橋が連続するかたち。
全体で1つのループに見えるデザインになっているのです。
中間部に展望スペース「廿六木望郷広場」(駐車場)、ループ最上部に展望台が設置され、ループ全体と滝沢ダムを眺望します。

土木学会田中賞、土木学会デザイン賞(最優秀賞)、グッドデザイン賞など数々の賞を受賞。

名称 雷電廿六木橋/らいでんとどろきばし
所在地 埼玉県秩父市大滝廿六木地先・廿六木向地先
ドライブで 関越自動車道花園ICから約50km
駐車場 廿六木望郷広場駐車場を利用
問い合わせ 埼玉県土整備部 県土整備政策課 TEL:048-830-5255
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

【日本ループ橋総覧4】雷電廿六木橋

ループ橋は、地形的な要因で生じた高度差を、道をクルクルとループさせることで克服しようとするアイデアで、全国各地にあります。今回はダム建設によって架け替えを余儀なくされた秩父の谷に架かるループ橋を紹介しましょう。4つの賞を受賞した美しい秩父ル

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ