二川宿本陣資料館

豊橋市二川宿本陣資料館

東海道二川宿(ふたがわしゅく/愛知県豊橋市)にある旧東海道の本陣遺構で、東海道で現存するのは近江・草津宿(滋賀県草津市)とここだけ。文化4年(1807年)〜明治3年まで本陣を務めた馬場家の遺構で、表門、主屋、書院棟、土蔵などが保存復元され、見学が可能。資料館では東海道、二川宿、本陣の3つのテーマで常設展示。

本陣・旅籠屋・商家をセットで見学

二川宿本陣資料館は、本陣遺構、本陣東に隣接する旅籠屋「清明屋」(はたごやせいめいや)、本陣の背後の資料館、商家「駒屋」(豊橋市の有形文化財)を管理運営するので、宿場の形態をじっくりと学ぶことができます。

本陣・旅籠屋・商家をセットで見学できるのは、日本で唯一。
つまりは、街道時代の旅の様子がよく理解できる場所になっているのです。

旅籠屋「清明屋」は、江戸時代後期から明治まで二川宿で旅籠屋を営んだ倉橋家の遺構で、主屋、繋ぎの間、奥座敷などが復元見学できます。
商家「駒屋」は、二川宿で商家を営むかたわら、問屋役や名主などを勤めた田村家の遺構で、主屋、土蔵など8棟の建物が現存しています。

東海道、江戸から数えて33番目、三河国最東端の宿場町である二川宿。
江戸・日本橋から西に72里3町(283km)に位置し、その重要度から天領(幕府直轄地)になっていました。
1里17町(5.8km)東の潮見坂にある白須賀宿(しらすかしゅく/現・静岡県湖西市白須賀)は、遠州。
西に1里20町(6.1km)離れた吉田城は、三河吉田藩の城下町です。
宿場は12町16間(1.3km)の長さで、東海道本線の二川駅が離れた場所に開設されたため、開発から逃れて、江戸時代のままの町割りが本陣とともに残されています。

資料館では、エントランスからまず2階に上がり東海道と二川宿の概略を解説、1階に下がって二川宿と本陣を詳しく学ぶシステム。
二川宿コーナーでは、二川宿のにぎわいをジオラマで再現、東海道コーナーでは参勤交代(大名行列)の様子、本陣の調度品・宿帳などを紹介しています。
「二川宿本陣」と「旅籠屋・清明屋」は資料館と同じ敷地ですが、商家「駒屋」は少し離れているので、散策途中に立ち寄りを。

往時の町割がそのまま残る二川宿の散策と、二川宿のはずれにある岩屋観音などを歩くプランは歴史をたどる小旅行には最適です。

豊橋市二川宿本陣資料館
歌川広重『東海道五十三次』二川(保永堂版)
名称 二川宿本陣資料館/ふたがわじゅくほんじんしりょうかん
所在地 愛知県豊橋市二川町中町65
関連HP 二川宿本陣資料館公式ホームページ
電車・バスで JR二川駅から徒歩10分
ドライブで 東名高速道路豊川ICから約18km
駐車場 121台/無料
問い合わせ TEL:0532-41-8580/FAX:0532-41-8940
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
二川宿本陣まつり大名行列

二川宿本陣まつり大名行列|豊橋市

2019年11月3日(日)12:30〜、愛知県豊橋市で『二川宿本陣まつり大名行列』が行なわれます。三河吉田藩主・松平信明(まつだいらのぶあきら=徳川幕府の老中・老中首座で、蝦夷地開拓などに尽力)の大名行列をモデルに、時代風俗絵巻を再現するも

商家「駒屋」

商家「駒屋」

東海道では貴重な本陣遺構が残る二川宿(ふたがわしゅく/愛知県豊橋市)。商家「駒屋」は、二川宿で商家を営むかたわら、問屋役や名主などを勤めた田村家の遺構で、主屋・土蔵など8棟の建物が現存し、公開されています。二川宿の本陣と旅籠屋が現存し、資料

岩屋観音

岩屋観音(岩屋緑地)

東海道・二川宿(ふたがわしゅく/愛知県豊橋市)のはずれにある小山、岩屋山の頂に鎮座する聖観音立像が岩屋観音。明和2年(1765年)、豊川に架かる吉田大橋の架け替え工事を請け負った江戸・下谷の大工たちが難工事打開に岩屋山上に祈願建立。その後、

草津宿本陣

草津宿本陣

東海道五十三次のうち、江戸から52番目の宿場、中山道六十九次のうち江戸から68番目の宿場が滋賀県草津市の草津宿。東海道と中山道の追分、京の入口という交通の要衝で100軒をこえる旅籠が軒を連ねた宿場で、草津宿本陣の遺構が現存。三河・二川宿(愛

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ