豊橋市公会堂

豊橋市公会堂

愛知県豊橋市の中心、吉田城跡近くにある豊橋市立の公会堂。大正デモクラシーを背景に、公会堂設置の機運が高まり、昭和6年に竣工。ロマネスク様式を基調としていますが、円形ドームは、スパニッシュ・コロニアル・リバイバルというカリフォルニアで流行したスペイン統治時代の復興様式。国の登録有形文化財になっています。

ドーム四隅の鷲は軍都を意識して

設計は静岡県長上郡天王新田村(現・浜松市東区天王町)出身の建築家・中村與資平(なかむらよしへい)。
旧浜松銀行協会(現・木下惠介記念館/浜松市)、三十五銀行本店(現・静岡銀行本店/静岡市)、静岡市役所本館、静岡県庁本館と、中村與資平設計で国の登録有形文化財となった建物が静岡県には数多く残されています。

鉄筋コンクリート造りの3階建てで、大講堂の収容人員は1005席(現在は751席)。
建築費は当時で17万円という巨費が投入されています。

大階段に続くコリント式列柱による玄関も印象的。
階段室上部のモザイクタイルを貼った半球ドームの四隅に配置された羽ばたく大鷲がシンボルとなっています。
豊橋市制25周年を記念して、豊橋市の将来を象徴した力強く羽ばたいて飛び立とうとする4羽の鷲の像です(公会堂は市制25周年記念事業と昭和天皇の御大典記念事業を兼ねて建設)。
豊橋市には明治17年、歩兵第18連隊(吉田城跡に兵舎がありました/弾薬庫などが現存)、明治41年には第15師団(第15師団司令部庁舎は、現在の愛知大学記念館)が置かれ、蚕都とともに軍都とも呼ばれていました。
鷲を配したのはそうした時代をも象徴しているのです。

名称 豊橋市公会堂/とよはししこうかいどう
所在地 愛知県豊橋市八町通2-22
関連HP 豊橋市公会堂公式ホームページ
電車・バスで 豊橋鉄道市内線(豊橋市電)市役所前停留所から徒歩5分
ドライブで 東名高速道路豊川ICから約9km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ TEL:0532-51-3077/FAX:0532-51-3078
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ