桐生市水道山記念館(旧配水事務所)

桐生市水道山記念館(旧配水事務所)

群馬県桐生市、水道山(雷電山/標高217m)山上の水道山公園の基部にある桐生の水道関連施設が、桐生市水道山記念館(旧配水事務所)。昭和7年に配水事務所として建築されたレトロな建物で国の登録有形文化財。木造タイル張りの構造など、フランク・ロイド・ライトの影響を受けたモダンな建物です。

国の登録有形文化財になった配水場の事務所

外壁はスクラッチタイル、屋根はスペイン瓦を用い、お洒落な山荘風のデザインに。
設計は当時の水道局職員、清水三五郎によるもので、昭和47年に現役を退き、今は資料展示室があるほか、会議や研修会に使われています。
昭和7年築、桐生市西公民館本館(旧水道事務所)も清水三五郎の設計で、国の登録有形文化財。

桐生市の水道は、渡良瀬川左岸の地下水を取水し、元宿浄水場で濾過し、ポンプによって水道山配水池に送水。
さらに自然流下で市内に配水というシステムになっています。

桐生市水道山記念館(旧配水事務所)は、低区配水池・低区量水室、高区配水池・高区量水室(記念館の北に位置する)とともに国の登録有形文化財。
同時期に建築された元宿浄水場や関連施設もやはり国の登録有形文化財ですが(元宿浄水場旧事務所は水道資料館として再生)、調整池や配水池は当時の土木技術の粋を集めたもので、昭和初期の桐生の豊かさ(昭和初期が桐生織物の全盛期)を表しています。

桐生市水道山記念館(旧配水事務所)
名称 桐生市水道山記念館(旧配水事務所)/きりゅうしすいどうやまきねんかん(きゅうはいすいじむしょ)
所在地 群馬県桐生市堤町1-5-7
関連HP 桐生市公式ホームページ
電車・バスで 上毛電気鉄道西桐生駅から徒歩10分、JR・わたらせ渓谷鐵道桐生駅から徒歩20分
ドライブで 北関東自動車道太田桐生ICから約13km
駐車場 10台/無料
問い合わせ 桐生市水道山記念館 TEL:0277-22-5257
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
桐生が岡遊園地

桐生が岡遊園地

群馬県桐生市、物見山丘陵の南端、桐生が岡公園にある入園無料の遊園地(隣接の動物園も入園無料)が、桐生が岡遊園地。高台にあるので観覧車からは桐生市街を一望にします。アトラクションの利用料金も手頃なので、関東一円からのんびり楽しめる遊園地として

桐生が岡動物園

桐生が岡動物園

群馬県桐生市、物見山丘陵の南端、桐生が岡公園にある入園無料の動物園(隣接の遊園地も入園無料)が、桐生が岡動物園。昭和28年に桐生市が県内唯一の公立動物園として開園した歴史ある動物園。園内にはサクラやツツジなどの樹木が多く、花の名所としても有

水道山公園

水道山公園

群馬県桐生市、桐生市街地の北西部に位置する標高217mの雷電山(水道山)一帯を、公園として整備したものが、水道山公園。山頂部の展望広場からは桐生市街地の眺めが良く、夜景の名所にもなっているほか、ソメイヨシノ400本が植栽され、開花期の4月上

吾妻公園

吾妻公園

群馬県桐生市、桐生市街の北にそびえる吾妻山(481m)へのハイキングコース入口に位置する公園が、吾妻公園。吾妻山山麓の標高217mの雷電山(水道山)と御嶽山(199m)の谷間の自然を生かした植物公園で、チューリップ、花菖蒲など、四季の花を愛

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ