岡直三郎商店(大間々工場)

岡直三郎商店(大間々工場)

群馬県みどり市大間々町にあるのが、岡直三郎商店(大間々工場)。江戸時代中期の天明7年(1787年)創業という大間々町の老舗醤油蔵。本社は東京都町田市にありますが工場は今も大間々にあるのです。大間々工場の店舗兼主屋は、国の登録有形文化財。醤油は国産の大豆を使い昔ながらの木桶で仕込まれています。

天明7年創業の醤油蔵で「日本一しょうゆ」購入

わたらせ渓谷鉄道の大間々駅から徒歩5分の場所にある大間々工場。
平成24年にリニューアルが行なわれ、古民家再生技術で生まれ変わった店舗で、自慢の醤油、味噌、漬物、うどんなどを購入できるほか、希望で仕込蔵見学も可能。

初代の岡忠兵衛は、近江商人で、足尾銅山から江戸へと銅を運ぶ交通の要衝に河内屋を創業。
伝統の天然醸造醤油は、「日本一しょうゆ」(登録商標)として親しまれています。
工場直売では、火入れ(加熱処理)がないため天然酵母が生きている「生揚げ醤油」(きあげしょうゆ)も人気。
もちろん定番の濃い口醤油も販売されています。
本醸造の溜り醤油(たまりしょうゆ)も、大豆と塩だけで醸造した昔ながらのたまり(小麦を使っていません)。
関東ではあまり馴染みがありませんが(東海3県・九州地方がおもな生産地)、寿司、刺し身などに使うだけでなく、煮物、割り下などにも最適です。

天然醸造醤油造りの工程、使われる桶や諸味の工場見学を随時受付(所要15分~40分、仕込み時期や繁忙期などで不可の場合もあり)。

大間々駅、大間々工場周辺には、昭和12年築の劇場「ながめ余興場」、高津戸峡、高津戸峡の渓谷沿いにあるながめ公園などもあり、散策に絶好。

岡直三郎商店(大間々工場)
名称 岡直三郎商店(大間々工場)/おかなおさぶろうしょうてんおおままこうじょう
所在地 群馬県みどり市大間々町大間々1012
関連HP 岡直三郎商店公式ホームページ
電車・バスで わたらせ渓谷鐵道大間々駅から徒歩5分
ドライブで 北関東自動車道太田藪塚ICから約10km
駐車場 7台/無料
問い合わせ TEL:0277-72-1008/FAX:0277-72-1016
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
ながめ余興場

ながめ余興場

生糸や絹織物の集散地、銅山街道の宿場町として発展した群馬県みどり市の大間々市街、高津戸峡沿いにある昭和12年築の木造2階建ての劇場(芝居小屋)が、ながめ余興場。1、2階席合わせて650人収容の規模があり、廻り舞台と花道を備えていました。玄関

高津戸峡

高津戸峡

日光市と沼田市の境界に聳える皇海山(すかいさん/2143.6m)を源にする渡良瀬川(わたらせがわ)の高津戸ダムのすぐ下流にある峡谷が高津戸峡。群馬県みどり市大間々市街地のすぐ西にありながら、「関東の耶馬渓」とまで称される新緑・紅葉の名所とな

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ