谷中霊園

谷中霊園

東京都台東区谷中7丁目、JR日暮里駅の西側、約10haという広大な敷地を有する都立霊園が、谷中霊園(やなかれいえん)。かつては天王寺(江戸時代後期までは感応寺)境内の一部で、明治7年に東京都の管理となり、今は約7000基の墓がある一般墓地として使用されています。

明治9年開設の広大な都立霊園は桜の名所

明治初年の神仏分離、廃仏毀釈の嵐の中で、幕末の上野戦争(戊辰戦争の上野の山の戦い)で荒廃した寛永寺境内の大部分は上野公園(現・上野恩賜公園)となり、天王寺境内が谷中霊園となっています。
明治維新後の明治7年6月、明治政府は東京都心部で勝手に埋葬することを禁じる代わりとして、青山神葬祭地など9ヶ所を市民のための公共墓地として指定。
明治7年9月1日、東京会議所の運営で、青山、谷中、雑司ヶ谷、染井などの公共墓地が開設されました(4ヶ所を除く墓地はその後閉鎖)。
東京の人口増大に伴い、大正12年には初の公園墓地として多磨霊園が建設され、昭和23年、小平霊園、昭和46年、八王子霊園と続いています。

谷中霊園内には、天王寺五重塔の跡も残されますが、五重塔も昭和32年、谷中五重塔放火心中事件で焼失し、現在は礎石が残るのみとなっています。

谷中霊園一帯には徳川15代将軍・徳川慶喜の墓をはじめ、渋沢栄一、鳩山一郎、横山大観、「オッペケペー節」で一世を風靡した川上音次郎、「時代劇六大スタア」の長谷川一夫など、著名人の墓が多数。
「明治の毒婦」として世に知られている高橋お伝の墓もあります。

大正時代に活躍し、戦後の大相撲の復興に尽力した31代横綱・常ノ花、47代横綱・柏戸などの力士の墓や相撲に関わる碑も数多く立っています。

谷中霊園の中央を南北に伸びる中央園路「さくら通り」は、ソメイヨシノの老木の並木で、花見スポットとしても有名。
その北端にあるのが天王寺で、日暮里駅へと下る階段の紅葉坂へと続いています。
江戸時代、天王寺境内には鬱金桜(うこんざくら)の名所だった地ですが、現在ではソメイヨシノに代わり、鬱金桜は天王寺近くにあるのみ。

谷中霊園の南側には、手作り大福のおいしい「谷中岡埜栄泉」、台湾発祥の愛玉子を味わうことのできる「愛玉子」などがあり、散策途中の立ち寄りにも便利。

ちなみに谷中霊園では、返還墓所の整理が行なわれ、平成19年度から一部の墓所の貸付を再開しています(雑司ヶ谷霊園、染井霊園については将来公園化する計画があるため貸付は行なわれていません)。
毎年、人数限定で6月頃、都立霊園の利用者募集が行なわれ、8月ごろに抽選を実施、貸付墓所が決められています(東京都に5年以上継続していること、すでに埋葬する遺骨があることなどの条件があります)。

画像協力/台東区

谷中霊園
谷中霊園
名称 谷中霊園/やなかれいえん
所在地 東京都台東区谷中7-5-24
関連HP 東京都公園協会公式ホームページ
電車・バスで JR・京成線日暮里駅から徒歩10分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 谷中霊園管理所 TEL:03-3821-4456
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
雑司ヶ谷霊園

雑司ヶ谷霊園

東京都豊島区南池袋4丁目にある面積10.6haという広大な東京都立の霊園が、雑司ヶ谷霊園(ぞうしがやれいえん)。江戸時代、一帯は、将軍の御用屋敷や鷹狩りのための御留場(おとめば)があった場所。明治7年9月1日、雑司ヶ谷霊園の前身である雑司ヶ

天王寺

天王寺

東京都台東区、谷中墓地の一画、JR日暮里駅近くにある天台宗の寺が天王寺。鎌倉時代後期、土豪関長耀が当地に立ち寄った日蓮聖人に帰依して草庵を結んだのが始まりで、江戸時代に輪王寺宮公弁法親王を願主に、5代将軍徳川綱吉を大檀那にして天台宗に改宗。

天王寺・五重塔跡

天王寺・五重塔跡

東京都台東区谷中7丁目、谷中霊園内にあるのが、天王寺・五重塔跡。寛政3年(1791年)に再建された天王寺五重塔は、戊辰戦争の戦火を免れたのですが、昭和32年7月6日に放火(谷中五重塔放火心中事件)で焼失。幸田露伴の小説『五重塔』は、その顛末

谷中霊園・高橋お伝の墓

谷中霊園・高橋お伝の墓

東京都台東区谷中7丁目、都立谷中霊園の一画、甲2号1側にあるのが、高橋お伝の墓。高橋お伝は、仮名垣魯文(かながきろぶん)の『高橋阿伝夜刃譚』のモデルで、明治の毒婦として世に知られています。明治9年9月9日、殺人容疑で逮捕され、死刑判決により

谷中・紅葉坂

谷中・紅葉坂

東京都台東区谷中7丁目、谷中霊園・天王寺とJR日暮里駅南口を結ぶ細い階段の坂道が、紅葉坂(もみじざか)。別名、幸庵坂とも呼ばれた坂道で、幸庵坂の名の由来は不詳ですが、天王寺が紅葉の名所だったことから紅葉坂の名が生まれました。天王寺から日暮里

渋沢栄一墓所(谷中霊園)

渋沢栄一墓所(谷中霊園)

東京都台東区谷中7丁目、谷中霊園のなかにあるのが、渋沢栄一墓所。昭和6年11月11日、渋沢栄一は飛鳥山の「曖依村荘」(あいいそんそう)と呼ばれた自邸(跡地が飛鳥山公園・旧渋沢庭園)で91年の生涯を終え、渋沢家墓所に眠っています。谷中霊園、徳

谷中七福神

江戸・東京で最古の七福神めぐり 谷中七福神

東京でもっとも歴史がある七福神めぐりが『谷中七福神』(やなかしちふくじん)。JR田端駅から上野駅にかけて、7つの寺を歩いて巡礼する手軽な新春開運の散策ルートになっています。七福神めぐりは、社寺が混ざることも多いのですが、谷中はすべて寺。御朱

青山霊園

青山霊園

東京都港区南青山2丁目にある都立霊園が、青山霊園。明治5年、新政府に恭順していた美濃郡上藩主・青山幸宜(あおやまゆきよし)の下屋敷跡に開いた神葬祭墓地が前身で、明治7年に谷中霊園などとともに公共墓地となったもの。南北に貫通する区道には桜が植

観音寺築地塀

観音寺築地塀

東京都台東区谷中5丁目、谷中霊園の西にある真言宗豊山派の寺が、観音寺。観音寺(当時は長福寺)は、明和9年(1772年)の火災で焼失、文政年間頃の再興時に築かれたのが現存する観音寺築地塀(かんのんじついじべい)で、国の登録有形文化財に指定され

染井霊園

染井霊園

東京都豊島区駒込5丁目にある都立霊園が、染井霊園。播州林田藩建部邸跡地に神葬墓地として開設されたのがルーツで、明治7年6月、公共墓地になったのが始まり。東京23区の四大墓地(青山、谷中、雑司ヶ谷、染井)のひとつですが、6.7haで都立霊園で

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ