奈良井宿(塩尻市奈良井重要伝統的建造物群保存地区)

奈良井宿(塩尻市奈良井重要伝統的建造物群保存地区)

長野県塩尻市にある、中山道(なかせんどう)の宿場町が奈良井宿。街道時代には、鳥居峠を越える旅人を泊める旅籠が軒を連ねた木曽路最大の宿場町。塗りや細工などの職人も多く、全盛期には「奈良井千軒」とうたわれるほど繁栄。家並みは、塩尻市奈良井重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

美しい宿場の家並みが1kmも続く!

標高900mほどの奈良井川の河岸段丘上に発達した宿場町。
奈良井宿は檜物細工や塗物、塗櫛などの木工業も盛んで、尾張藩からの庇護を受け、御免白木(ごめんしらき=木曽の森林資源を厳しく管理した尾張藩から使用が許可された材木を割り、半製品にした材料)の4分の1の1500駄が供給されていました。
この御免白木を使って曲物(まげもの)、漆器(しっき)を生産していたのです。

現在も奈良井駅から1kmほどの道筋に、2階を少しせり出した出梁(だしばり)造りという独特の様式の町家が軒を連ね、東西200m、南北1350m、17.6haが塩尻市奈良井重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
指定エリアは、中山道に沿った1kmにわたる宿場集落のほかに、南北両端の高台に位置する鎮神社と八幡神社、町並みの西側の段丘崖の裾に5ヶ寺の寺がふくまれています。

宿場内の道幅は、上町が2間半〜3間、中町が3間〜3間半、下町が1間半〜2間半と宿の中央部で広く、また、町境などに火除地や小路が設けられました。
宿場内5ヶ所に残る水場は、旅人がのどをうるおし、ひと息ついたスポット。
現在でも奈良井の人々の生活用水として使われています。

中町の中央西側に位置する「上問屋史料館」(上問屋手塚家)は、江戸時代を通じて宿駅制度の問屋を主とする宿場内の要職を代々務めた家柄。
現存する建物も近世末期の問屋建築の姿を現在に留めるものとして、国の重要文化財に指定されています。

「ゑちごや旅館」(越後屋旅館)は、街道時代の旅籠(はたご)建築が現存し、そのまま旅館として営業するもの。
1日2組限定なので、行楽シーズンには早めの予約が必要。

名称 奈良井宿(塩尻市奈良井重要伝統的建造物群保存地区)/ならいじゅく(しおじりながいじゅうようでんとうてきけんぞうぶつぐんほぞんちく)
所在地 長野県塩尻市奈良井
関連HP 奈良井宿観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR奈良井駅から徒歩5分
ドライブで 長野自動車道塩尻ICから約25km
駐車場 西駐車場(51台)・東駐車場(12台)・道の駅奈良井宿橋駐車場(28台)/無料
問い合わせ 奈良井宿観光案内所 TEL:0264-34-3160/FAX:0264-24-0024
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
奈良井駅

奈良井駅

長野県塩尻市奈良井にあるJR中央本線(中央西線)の駅が奈良井駅(ならいえき)。中山道・木曽路で最大の宿場、奈良井宿の一角にあり、駅舎も雰囲気を損なわないようにという配慮から、街道風の建物になっています。標高933.8mで、JR東海では最高所

木曽の大橋

木曽の大橋

長野県塩尻市、中山道奈良井宿を流れる奈良井川に平成3年に架けられた太鼓橋が木曽の大橋。橋脚を用いない木橋では日本一(架橋時)という、長さ33m、幅6.5m、水面からの高さ7mの大橋です。樹齢250年~300年の地元の木曽ヒノキを使用した豪華

上問屋史料館

上問屋史料館

長野県塩尻市、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定される中山道の宿場町、奈良井宿。奈良井宿で幕府の役人や諸大名の旅用に、伝馬(てんま)、徒役(かちやく)を管理した上問屋の建物を公開するのが上問屋史料館(かみといやしりょうかん)です。近世末期

鳥居峠

鳥居峠

長野県塩尻市奈良井(旧楢川村)と木祖村の境をなす、鳥居峠。標高1197mの鳥居峠は、木曽川水系と信濃川水系を分ける中央分水嶺で、街道時代には中山道・木曽路の難所のひとつにも数えられていました。奈良井宿から薮原宿までの旧中山道は、信濃路自然歩

中村邸

中村邸

長野県塩尻市、中山道木曽路で最大の宿場町、奈良井宿。櫛問屋中村家の建物を、古民家の特徴がわかる資料館として公開するのが中村邸です。建てられたのは、天保8年(1837年)の奈良井宿の大火の直後に建てられた建物で、間口が狭く、奥行きが深く、2階

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ