利神城

利神城

兵庫県佐用郡佐用町平福にある国の史跡に指定される山城が、利神城(りかんじょう)。赤松一族の別所敦範が、南北朝時代の貞和5年・正平4年(1349年)、北方の守りとして利神山に築いた山城が起源。関ヶ原の合戦後に播磨国入りした池田由之(いけだよしゆき)が、3層の楼閣をもつ城郭へと拡張・造営しています。

「利神城ガイドツアー」に限り登城が可能

利神城

戦国時代の利神城は、天正6年(1578年)、羽柴秀吉の中国攻めの際、城主・別所林治(べっしょしげはる)は、織田信長に反旗を翻した三木城主・別所長治に従ったため、尼子勝久、山中鹿之助の手によって落城。
毛利方に属していた宇喜多直家の所有となりました。

関ヶ原の合戦後、播磨国には池田輝政が入封し、姫路城を居城に。
慶長6年(1601年)、池田輝政は甥の池田由之に平福領2万2千石を分与し、利神城を改修。
池田由之が築いた見事な楼閣をもつ外観は、まるで雲を突くような様であったことから、「雲突城」の別名もあるほどでしたが、池田輝政は徳川幕府からの謀反に対する警戒を恐れて、破却を命じています。
元和元年(1615年)、池田輝政の6男・池田輝興が2万5千石を与えられ平福藩が立藩しますが、寛永8年(1631年)、赤穂藩に移ったため、廃藩となり、利神城も廃城になっています。

現在、標高373mの山頂には、本丸、二の丸、大坂丸などの石垣が残り、往時を偲ばせていますが、登山道が荒廃、さらに石垣の状態が悪く崩落の危険性があるため、一般の入城は禁止。
佐用山城ガイド協会が実施する「利神城ガイドツアー」に限り、登城が可能となっています。

利神城
名称 利神城/りかんじょう
所在地 兵庫県佐用郡佐用町平福
関連HP 佐用町公式ホームページ
電車・バスで 智頭急行平福駅から徒歩1時間
ドライブで 中国自動車道佐用ICから約22kmで道の駅宿場町ひらふく
駐車場 道の駅宿場町ひらふく駐車場を利用
問い合わせ 佐用町商工観光課 TEL:0790-82-0670/FAX:0790-82-0492
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ