書写山ロープウェイ

書写山ロープウェイ

姫路市街の北西部に位置する書写山は、標高371m。参道代わりとなっている書写山ロープウェイは、山麓駅(書写駅)と山上駅(山上駅)の高低差210mを約4分間で結んでいます。標高250mの山上駅を下りれば、「西の比叡山」とも呼ばれる書写山圓教寺の境内。平成30年3月からワイドビューの新ゴンドラが運行されています。

書写山の山上へ4分の空中散歩。山上駅は圓教寺の境内

書写山ロープウェイ

昔ながらにガイドの解説が人気の書写山ロープウェイ。
山上駅の駅舎は展望台になり、市街地や大鳴門橋など瀬戸内海を眺望します。
書写山は紅葉の名所としても知られ、秋はとくに紅葉狩りを目的に大勢の人が訪れます。
上りの利用は終了の15分前までとなるのでご注意を。

書写山は、三木合戦の際に、羽柴秀吉が本陣を構えた場所でもあり、時代劇ファンにも人気の地。
三木城の別所氏が反旗を翻した際に、黒田官兵衛の助言で姫路城を退き、書写山の十地坊に本陣を構えたのだか。
十地坊の場所については諸説あり定かでありませんが、大講堂北東の現在貯水槽となっている場所ではないかと推測されています。

書写山ロープウェイ DATA

名称 書写山ロープウェイ/しょしゃざんろーぷうぇい
Shoshazan Ropeway
所在地 兵庫県姫路市書写1199-2
関連HP 書写山ロープウェイ公式ホームページ
電車・バスで JR姫路駅から市営バス書写山ロープウェイ行きで30分、終点下車
ドライブで 山陽自動車道山陽姫路西ICから約6km、山陽姫路東ICから約10km
駐車場 書写山ロープウェイ駐車場(270台/無料)
問い合わせ TEL:079-266-2006
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
書写山円教寺

書写山圓教寺

2018年3月31日
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ