有岡城(伊丹城)

有岡城(伊丹城)

兵庫県伊丹市のJR福知山線・伊丹駅近くにある戦国時代の城跡で、国の史跡になっているのが有岡城跡(伊丹城跡)。南北朝時代、摂津国人の伊丹氏によって築城された伊丹城が前身。戦国時代、織田信長に突如反旗を翻した荒木村重(あらきむらしげ)の籠城戦、黒田官兵衛の幽閉で有名です。

小寺孝隆(黒田官兵衛)が幽閉された城

文明4年(1472年)の修築で、日本最初という天守台が築かれたのが伊丹城。
天正2年(1574年)、荒木村重が伊丹氏に替わって伊丹城の領主となり、大改築を施して有岡城と改称しています。

城である主郭部、家臣団の住む侍町、そして一般町人の住む町屋地区に分かれ、全体を堀と土塁で囲んだ惣構えの城(東西0.8km、南北1.7kmの要塞)で、難攻不落の城でした。

いざという時の備えとして、北・西・南の要所にはそれぞれ岸の砦(現・猪名野神社)、上ろう塚(じょうろうづか)砦、鵯塚(ひよどりづか)砦の3つの砦を築いていました。

荒木村重は三木合戦の最中に主君の織田信長に反旗を翻したため、羽柴秀吉は旧知の仲の小寺孝隆(黒田官兵衛)を使者として派遣しますが、なんと土牢に幽閉。

1年余籠城戦を展開しますが、天正7年(1579年)、荒木村重は妻子を有岡城に残し、単身で有岡城を脱出し、尼崎城(大物城)へ。
人質となった妻子は信長に処刑されますが、荒木村重は毛利氏に亡命し、尾道に隠遁(信長没後は堺で暮らしています)。
この合戦で有岡城は落城し、廃城となっています。

明治時代の鉄道敷設によって、城跡の東側が失われていますが、城跡一帯は公園として整備され、本丸跡西側の土塁と自然石をそのまま積んだ野面(のづら)積みの石垣が現存。
さらには2つの井戸跡も復元されています。

ちなみに、荒木村重が突如、織田信長に反旗を翻した理由は今も定かでありません。
多くの武将の説得も実らず、最後には単身有岡城に乗り込んだ小寺孝隆(黒田官兵衛)も幽閉してしまいますが、小寺孝隆(黒田官兵衛)は、織田軍の大軍の攻撃を受けて落城する際に、家臣・栗山利安によって救出されています。

有岡城(伊丹城)
井戸跡も残る本丸
有岡城(伊丹城)
名称 有岡城(伊丹城)/ありおかじょう(いたみじょう)
所在地 兵庫県伊丹市伊丹1-12
関連HP 伊丹市公式ホームページ
電車・バスで JR伊丹駅から徒歩すぐ
ドライブで 中国自動車道中国池田ICから約5km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 伊丹市教育委員会事務局生涯学習部 TEL:072-784-8090
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
猪名野神社

猪名野神社

兵庫県伊丹市宮ノ前にある古社が猪名野神社(いなのじんじゃ)。孝徳天皇の御代に猪名寺(いなでら=現・尼崎市猪名寺にあった寺、猪名寺廃寺跡が現存)に創建され、延喜4年(904年)に現在地に遷座したと伝えられています。戦国時代には惣構えだった有岡

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ