姫路城・油壁

姫路城「ほの門」をくぐった先にあるのが油壁。山土に豆砂利を加え、餅米の研ぎ汁や粥(かゆ)などで練り合わせた土を仮枠の中で叩き締めて築いたものと説明されていますが、実際には菜種油などを混ぜ込んでいる可能性も大です。工法から推測して池田輝政築城よりも前、つまりは羽柴秀吉時代の遺構と推測されています。

秀吉時代の壁が現存!?

姫路城之図・油壁

コンクリートのように固く、防水性も高いのが法隆寺などでも使われる油土塀(油土壁)。
龍安寺石庭背後の油塀は菜種油を練り込んでいるといわれ、名古屋城二之丸御殿北御庭の北端に残存する「南蛮練塀」(南蛮たたき)はその残骸物質から粘土・石灰・糊(もち米の研ぎ汁)・少量の油を錬り混ぜて突き固めた油壁であることがわかっています。

接着性を高めるために糊類、耐水性を高める油を練り込む手法は、戦国時代までの城や寺院でよく使われた工法です。

ただし、白壁が美しい姫路城で、「ほの門」をくぐった、天守台の一部にのみ残存させた理由は定かでありませんが防御力重視という点は間違いがありません。

姫路城・油壁 DATA

名称 姫路城・油壁/ひめじじょう・あぶらかべ
Abura Kabe Wall(Oil Wall),Himeji Castle
所在地 兵庫県姫路市本町68
関連HP 姫路城公式ホームページ
電車・バスで JR・山陽電鉄姫路駅から徒歩15分
ドライブで 山陽自動車道山陽姫路東ICから約6km
駐車場 市営大手門駐車場(600台)、市営姫山駐車場(250台)、市営城の北駐車場(150台)/有料
問い合わせ 姫路城管理事務所TEL:079-285-1146/FAX:079-222-6050
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

姫路城

2017.12.07
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ