広島港宇品客船ターミナル

広島港宇品旅客ターミナル

広島県広島市南区にある、広島市の海の玄関口が、広島港宇品旅客ターミナル。平成15年にリニューアルされた近代的な3階建てのターミナルビル前の桟橋は、四国へのフェリー、呉・松山へのスーパージェット、フェリー、瀬戸内海の島嶼部へのフェリー、高速船などのバースに分かれています。

呉・松山、江田島行きの高速船、フェリーなどが出航

西側のバースは、瀬戸内海の島嶼と結ぶフェリー乗り場で、似島行きフェリー(似島汽船)、江田島・三高行きフェリー(瀬戸内海シーライン)、江田島・切串行きフェリー(上村汽船)が出航。

中央の突き出した桟橋は、宮島行き高速船(瀬戸内海シーライン)、江田島・小用行き高速船(瀬戸内海シーライン)、江田島(高田・中町)行き高速船(瀬戸内海シーライン)、呉・松山行きスーパージェット(瀬戸内海汽船・石崎汽船)が発着。

東側の桟橋からは、呉・松山行きフェリー(瀬戸内海汽船・石崎汽船)、広島クルーズ銀河(瀬戸内海クルーズ)が出航。

広島港宇品旅客ターミナル3階屋上からは、広島湾を一望にし、20:00まで上がることができるので、デートスポットとしても注目です。
広島港宇品旅客ターミナルのビル内には、食堂、喫茶、土産店もあり、乗船の前後に活用できる他、広島港散策の拠点としても活用可能。

広島港宇品旅客ターミナルには広島電鉄宇品線の広島港停留場があり、広島駅からのアクセスにも便利(電車の行き先表示は「広島港(宇品)」)。
毎月第1・3日曜には、ターミナル横で生産者参加型青空日曜市『ひろしまみなとマルシェ』も開催されています。

広島港の歴史は宇品港に始まる

明治13年、前任地の大分県から、海路、広島に赴任した県令(県知事)・千田貞暁(せんださだあき)は、宇品島で蒸汽船から和船に乗り換えますが、三角州が広がる広島の海岸線は容易に上陸することができず、潮待ちを余儀なくされたのです。

この経験から広島の発展にとって港湾施設の確保は必須と判断。
着任した翌年、明治14年に内務省に宇品港築港が申請され、明治22年に完成したのが宇品港です。
明治27年には山陽本線が広島駅まで開通し、広島駅から宇品駅まで陸軍の軍事輸送専用線も敷設。
兵器や兵隊を宇品港から送り出す役割を担ったのです。

昭和7年には港湾区域が拡大され、宇品港から広島港に名称も変更されましたが、戦後の広島港の旅客輸送の中心が宇品桟橋です。

国鉄宇品線は昭和47年に旅客列車を廃止、その後貨物専用線として存続しましたが昭和61年9月30日に廃止され、道路などに転用されています。

広島港宇品旅客ターミナル
名称 広島港宇品旅客ターミナル/ひろしまこううじなりょかくたーみなる
所在地 広島県広島市南区宇品海岸1−13
関連HP 広島市公式ホームページ
電車・バスで JR広島駅から市内電車広島港(宇品)行で40分、終点下車。広島バス広島港行きの利用も可能
ドライブで 広島高速3号線宇品ランプを利用
駐車場 広島港さん橋駐車場(290台)・広島みなと公園駐車場(110台)/1時間まで無料、以降有料
問い合わせ 広島市みなと振興課 TEL:082-504-2337/FAX:082-504-2529
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
広島電鉄・広島港停留場

広島電鉄・広島港停留場

広島電鉄宇品線(紙屋町西・紙屋町東〜広島港)の終着駅が広島港停留場。停留場に隣接して広島港宇品旅客ターミナルがあり、広島市営桟橋、宇品波止場公園、広島みなと公園などとともにみなとオアシス広島を構成しています。平成13年まで宇品停留場という名

宇品大橋

宇品大橋

広島県広島市の広島港内を通る広島高速3号線の自動車専用橋が宇品大橋(うじなおおはし)。広島高速3号線仁保JCT〜宇品IC間の部分開通に伴い、平成12年3月19日開通。橋長 550m、主径間長270m、プレードガーダー橋(桁橋=横にかけた橋桁

江田島・小用港

江田島・小用港

広島県江田島市、江田島の港の中で、呉市に最も近い位置の東岸にあるのが、小用港(こようこう)。瀬戸内シーラインの呉港からのフェリー、高速船、広島港からの高速船が発着。広島港とを結ぶ高速船は、プリンスホテル前着岸の便があり、グランドプリンスホテ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ