石火矢町ふるさと村

石火矢町ふるさと村

備中松山藩5万石の城下町、備中高梁(びっちゅうたかはし)。一帯9ha(全長550m)は岡山県指定の町並み保存地区「石火矢町ふるさと村」に指定されています。武家屋敷としての面影を深くとどめる石火矢町(いしびやちょう)と、高梁キリスト教会や藩校・有終館(ゆうしゅうかん)跡などのある紺屋川美観地区の2つの地域で構成されています。

臥牛山南麓に広がる備中松山の城下町と紺屋川沿いの美観地区

石火矢町ふるさと村
中級武士の屋敷が並ぶ石火矢町
石火矢町ふるさと村
紺屋川美観地区

「石火矢町ふるさと村」のうち、石火矢町は、江戸時代には上ノ中丁と称し、中級武士の武家屋敷が建ち並んでいたエリア。
白壁土塀の長屋門や、武家の表門が続く家並みで、旧折井家、旧埴原(はいばら)家は武家屋敷館として公開。
旧折井家は天保年間(1830年~1844年)に建てられた160石ほどの中級武士の邸宅ですが、漆喰の美しい書院造りの母屋と長屋門、中庭は当時のまま。
庭に面して鎧や兜などを展示する資料館も併設されています。

「石火矢町ふるさと村」は、映画『男はつらいよ』シリーズの第8作『男はつらいよ 寅次郎恋歌』(昭和46年公開)と第32作『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』(昭和58年)のロケ地で、上房郡役所(じょうぼうぐんやくしょ)の正門を移築した岡村邸が主人公・車寅次郎(渥美清)の義弟・諏訪博(前田吟)の実家として登場しています。

ちなみに、石火矢は、南蛮渡来の大口径の鉄砲のこと。
一帯には鉄砲組などの足軽隊がいたことが推測されるのです。

石火矢町ふるさと村 DATA

名称 石火矢町ふるさと村/いしびやちょうふるさとむら
所在地 岡山県高梁市石火矢町
関連HP 高梁市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR備中高梁駅から徒歩20分
ドライブで 岡山自動車道賀陽ICから約9km
駐車場 武家屋敷館駐車場(7台/無料)・高梁市観光駐車場(15台/有料)
問い合わせ TEL:0866-22-1480
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
武家屋敷・旧埴原家

武家屋敷・旧埴原家

2018年11月21日
武家屋敷・旧折井家

武家屋敷・旧折井家

2018年11月21日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ