曲里の松並木

曲里の松並木

福岡県北九州市八幡西区、長崎街道の黒崎宿南側に現存する貴重な松並木が曲里の松並木(まがりのまつなみき)。1kmにわたって6000本ほどの松が茂り、街道時代の面影を残しています。樹齢200~300年の老松は残念ながら数本しかありませんが、道幅4mほどの旧道の両側には昔ながらの土堤も現存。

長崎街道に残る貴重な松並木

狂歌師・大田南畝(おおたなんぽ=狂歌の号は蜀山人)の『小春紀行』には「坂を下るに赤土の岸あり。松の並木の中をゆくゆく坂を上り下りて、又坂を下りゆけば、左に黒崎の内海見ゆ」と記されています。
 文化2年(1805年)に長崎奉行所の仕事を終え、江戸に向かった時の紀行文です。

600m続く並木のうち、310mの区間は北九州市の史跡に指定され、旧街道緑地として整備され、地元のボランティア組織「チーム松並木」が清掃活動、ライトアップイベントなどを行なっています。

曲里の松並木
名称 曲里の松並木/まがりのまつなみき
所在地 福岡県北九州市八幡西区岸の浦2-6ほか
関連HP 北九州市公式ホームページ
電車・バスで JR鹿児島本線黒崎駅から徒歩10分
ドライブで 北九州都市高速道路黒崎ランプから約2km
問い合わせ 北九州市市民文化スポーツ局文化部文化企画課 TEL:093-582-2391/FAX:093-581-5755
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
木屋瀬宿フィールドミュージアム

木屋瀬宿フィールドミュージアム

福岡県北九州市八幡西区木屋瀬にある長崎街道の木屋瀬宿(こやのせじゅく)。西構口から始まる900mに宿場町が形成され、白壁の古い商家、ノコギリの歯状に道に面している家々、 無料で一般公開されている旧高崎家などがあって全体が木屋瀬宿フィールドミ

長崎街道冷水峠

長崎街道冷水峠

福岡県飯塚市山家と筑紫野市内野にまたがる長崎街道冷水峠(ながさきかいどうひやみずとうげ)。長崎と小倉城下を結ぶ長崎街道最大の難所として知られ、「九州の箱根」の別名もあるほど。峠北側(飯塚側)には長崎街道の宿場町、内野宿があり、近くには旧街道

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ