餘部駅

餘部駅

兵庫県美方郡香美町にあるJR西日本・山陰本線の駅が餘部駅(あまるべえき)。すぐ横に明治45年3月1日に開通した余部鉄橋があり(現在の橋は平成22年8月12日開通の2代目)、餘部駅の裏山には橋を眺める展望所が設けられています。餘部駅自体は、昭和34年4月16日に新設された駅ですが、「近畿の駅百選」にも選定。

余部鉄橋と余部鉄橋「空の駅」展望施設に隣接

餘部駅
ホームから余部鉄橋側の眺め

駅の完成まで地元の住民は、なんと、列車の合間を縫って余部鉄橋を渡り、トンネルをくぐって隣の鎧駅まで歩く必要がありました。
そういった状況を解消するために設置されたのが餘部駅です。

ホームは豊岡方面と浜坂方面の共用の1面1線。
隣接する余部鉄橋の展望施設、余部鉄橋「空の駅」展望施設に地上と直結したエレベーターが設置されています。

鉄橋は余部橋梁ですが、駅名が餘部駅なのは、すでに姫新線に余部駅(よべえき/昭和5年9月1日開業)があり、混同を避けるため。

餘部駅
余部鉄橋から餘部駅に入線する山陰本線各駅停車
名称 餘部駅/あまるべえき
所在地 兵庫県美方郡香美町香住区余部ナワテ1861-2
ドライブで 山陰近畿自動車道余部ICから約1.5km
駐車場 道の駅あまるべ駐車場を利用
問い合わせ 香美町観光商工課 TEL:0796-36-3355
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
余部鉄橋「空の駅」展望施設

余部鉄橋「空の駅」展望施設

兵庫県美方郡香美町にある展望タワーが余部鉄橋「空の駅」展望施設。明治45年3月1日開通の旧余部橋梁が、架け替えられ平成22年8月12日から新しい橋梁の供用が開始されたのに伴って旧余部橋梁の西側の橋脚部分の一部を活用し建設された鉄橋展望台。余

絶景駅

日本の絶景駅 15選

全国数ある鉄道駅(およそ9500駅)の中から、絶景の駅として人気のある15駅を紹介しましょう。海岸の駅、そして無人駅が多いのが特徴です。景色に対する感動は個人差があるので、あえて順位は付けていません。これをヒントに、お気に入りの絶景駅を目指

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ