姥塚古墳

姥塚古墳

兵庫県たつの市新宮町馬立(うまたて)にある円墳が姥塚古墳(うばづかこふん)。馬立古墳群32基のひとつで、馬立1号墳とも呼ばれ、兵庫県の史跡になっています。直径18.5m、墳高6mの円墳で、古墳時代後期の6世紀後半の築造と推定され、横穴式石室(よこあなしきせきしつ)が開いています。

朝鮮半島からの渡来人の墳墓!?

横穴式石室は、幅3.05m、奥行き3.6m、高さ3.08mの玄室で、天井がドーム状の穹窿型石室(きゅうりゅうがたせきしつ)であることから(武寧王陵の石室など朝鮮半島に類例があるため)朝鮮半島系渡来人の墓とする説があります。
いずれにしろ、馬立古墳群の埋葬者のリーダー的な存在だったと推測できます。

出土品としては須恵器装飾付脚付壺、玉類、轡(くつわ)など。

姥塚古墳
名称 姥塚古墳/うばづかこふん
所在地 兵庫県たつの市新宮町馬立
関連HP たつの市公式ホームページ
ドライブで 山陽自動車道龍野ICから約7km
問い合わせ たつの市教育事業部歴史文化財課(埋蔵文化財センター)TEL:0791-75-5450/FAX:0791-75-0353
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ