上杉神社稽照殿

上杉神社稽照殿

山形県米沢市、大正12年の再建時に建てられた上杉神社の宝物館が上杉神社稽照殿(うえすぎじんじゃけいしょうでん)。上杉謙信の「色々威腹巻」(国の重要文化財)、直江兼続(なおえかねつぐ)所用の「愛」の甲冑、上杉鷹山の遺品など刀、甲冑、絵画1000点余が収蔵展示されています。

国の重要文化財132点を収蔵する宝物館

上杉神社稽照殿

収蔵品は、平安時代から江戸時代までの甲冑、武具、刀剣、絵画、仏具など多様で、うち132点が国の重要文化財、8点が山形県文化財で、まさに東北屈指の「文化財の宝庫」といえる施設になっています。
上杉景勝が所用した「紫糸威伊予札五枚胴具足」(日輪の前立て)は、山形県の文化財に指定。

有名な直江兼続の「愛」の甲冑(正式名は「金小札浅葱糸威二枚胴具足」)は、仁愛(じんあい)や愛民(あいみん)の精神を表すとも、兼続が信仰したと伝わる愛染明王(あいぜんみょうおう)の愛の一文字を採ったという説、戦国武将に信仰された愛宕権現(あたごごんげん)に由来するともいわれ、定かでありません。

大正8年の米沢大火で焼失後の再建として、本殿、拝殿とともに建物の設計を担当したのは米沢市出身の建築家で、神社仏閣設計の第一人者として名高い伊東忠太(いとうちゅうた/橿原神宮、平安神宮、宮崎神宮、弥彦神社などの設計で有名)で、国の登録有形文化財。

上杉神社稽照殿
名称 上杉神社稽照殿/うえすぎじんじゃけいしょうでん
所在地 山形県米沢市丸の内1-4-13
関連HP 米沢市公式ホームページ
電車・バスで JR米沢駅から山形交通バス白布湯元行きで8分、上杉神社前下車、徒歩5分
ドライブで 東北自動車道福島飯坂ICから約38km
駐車場 松が岬おまつり広場駐車場(300台/無料)
問い合わせ 上杉神社 TEL:0238-22-3189
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
上杉神社

上杉神社

上杉神社は、上杉家の居城で米沢藩の藩庁だった米沢城本丸の奥御殿跡に鎮座する神社。米沢城跡は現在、松が岬公園となっていますが、米沢城の本丸跡ということでその中心に位置しています。米沢城本丸跡の6割を占めるという広大な境内で、祭神は藩祖となる上

上杉家廟所

上杉家廟所

米沢藩主上杉家の墓所で、初代の上杉謙信から12代の斉定までが埋葬されているのが上杉家廟所(米澤藩主上杉家廟所)。もともと謙信の遺骸は米沢城本丸の御堂に安置され、現在の墓所のある地はいざという時の避難場所として確保されていたもの。上杉謙信や歴

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ